特集:新型インフルエンザは漢方で治る説!

ついに日本上陸!中国4000年の「秘伝書」に答えがあった
「新型インフルエンザは漢方で治る」説が浮上!
今注目を集めています!


「まあ、この表を見てください」 横浜市立大医学部非常勤講師の森由雄医師が示した臨床結果は、漢方の力を示していた。
2007年11月から08年3月まで、森医師が診察したインフルエンザ患者のうち、
「タミフル」で治療した13人と、「麻黄湯」と呼ばれる漢方薬を与えた11人を比較した。
高熱で来院した患者が36.9度以下の体温になるまでの時間を計測したところ、
タミフルが平均25.38時間に対し、麻黄湯は14.09時間だった。
「これまでも大青竜湯などがタミフルと同等の効果があることが分かっていたが、
タミフルよりも効果のある漢方薬があることが分かった」


「猛威を振るう新型インフルエンザに、
ワクチンは間に合うのか、タミフルは足りるのか?」


新型インフルエンザ上陸で不安が広がるなか、「漢方薬で治る」との説が浮上してきた。
映画「レッドクリフ」の時代である3世紀の中国で生まれた「秘伝書」に、
すでに、この漢方処方が描かれている。
東洋の知恵が、新型インフルエンザの救世主となるか!?

「森医師の治療例」

@5歳の女児: 発熱の翌日にj受診。
38.5度の熱とせき、寒気があり、A型インフルエンザ陽性だった。
麻黄湯を服用すると午後に多量の尿が出て、翌朝解熱した。

A10歳の男児: 38度の発熱の翌日に受診。
A型インフルエンザ陽性で、麻黄湯を服用すると夜中に発汗、翌朝解熱した。


「ポイントは麻黄湯の服用量」

通常、大人ならエキス剤1服(2.5c)を1日3回飲むところを、
最初は2時間ごとに1服を3回飲み、以降は3時間ごとにして、解熱するまで続けた。結果、1日で通常の倍以上を与えた。
「通常の服用量では効果がないのであきらめていたところ、服用回数を増やしてみたら効いたのです」
増量は副作用を起こすおそれがあることから、森医師は患者の同意を得たうえで、細かな経過観察をした。
患者には自宅で2〜3時間おきに体温を測ってもらい、電話で病状を聞きながら服薬指導をしたという。

「服用量を増やしタミフルしのぐ」


そして、この頻回投与療法を思い立ったきっかけが、『傷寒論』と呼ばれる中国医学の古典だった。
「すべては今から1800年前に、すでに書かれていたことなのです」
『傷寒論』とは、紀元3世紀前半、後漢末期に中国の地方長官だった張仲景が、
当時流行した熱病に対する治療法をまとめた医学書とされる。
この熱病で自らも親族の3分の2を失ったことから、書き起こしたと伝えられる。
まだウイルスも免疫も解明されていない時代の経験に基づく治療法だが、極めて実用的で効果があった。
その後、原本は失われたがいくつかの写本をもとに復元され、日本へも伝わった。
しかし、西洋医学が導入されるなかで、忘れられかけた存在となっていた。
それが近年、「SARS」などの新型ウイルスの流行で、日本や中国、韓国で、見直す医師が相次いだ。
異常行動の危険性が指摘されているタミフルに代わる治療法としても注目を集める。
そして、新型インフルエンザについても有効性が期待されているのだ。



「傷寒論」に基づくインフルエンザの治療法」

有明病院で漢方サポート外来を担当する星野恵津夫・消化器内科部長によると、
「傷寒論」に基づくインフルエンザ治療は以下のようなものという。
まず、服用量を通常の2〜3倍にする。
「急性疾患に対する場合と慢性疾患とでは、漢方でも治療法が異なります」
そのうえで、38度以上の高熱があって汗をかいてない場合はまず「麻黄湯」を投与する。
強い発汗作用のある漢方薬で、体の免疫力を高め、ウイルスを撃退する。麻黄湯で効果がなければ、「大青竜湯」を試みる。
すでに発汗している場合は、「桂枝湯」を加えた「桂枝麻黄各半湯」を投与する。
タミフルがウイルスの増殖を直接阻害する薬なのに対し、
漢方薬は人間が本来持つ免疫力を高めてウイルスを排除する点が根本的に異なる。
このため、ウイルスがたとえタミフルに耐性を持ったとしても効果は続く。

「タミフル自体、「八角」と呼ばれる生薬の成分を抽出合成し、原料としてつくられたものなんです」と星野部長は指摘する。
ただ繰り返すが、服用量を増やすことで、飲み続けると、動悸やショック状態がみられることもある。森医師は言う。
「発汗し解熱しているのにさらに服用を続けると、逆に体に悪いのです」星野部長も注意する。
「きちんとした専門医にかかってほしい。個人で勝手に服用するのは大変危険です」
一方、漢方なら、体の免疫力そのものを高めてウイルス感染しにくい体をうくることも可能だという。
今回の新型ウイルスは強い感染力が特徴だが、それでも発病する人としない人がいる。
感染しても発病しない人は「免疫力が高い」と言われているが、



「どうすれば免疫力を高められるのか?」

「皮膚や粘膜を丈夫にすること、そして体を冷やさないことです」
そう答えるのは、日本薬科大学の丁宗鉄教授(統合医療学)である。
外のウイルスがまず体にくっつくのは、のどや鼻の粘膜や皮膚だ。
花粉症で鼻の粘膜が弱り、喫煙でのどの粘膜が傷んでいるとウイルスが増殖しやすくなる。
「日頃から蒸気を吸ったり、マスクをしたりして乾燥を防ぐことが大切です。
体温を下げないように、寝ている間も帽子をかぶるなど服装に注意し、冷たい飲み物を控え、お風呂でよく温まりましょう」
そして何より、十分に寝てきちんと食べる、規則正しい生活が大切。
「漢方で言う『養生』をしっかりしておくことが一番の予防になるのです。


「サイトカイン・ストーム」
新型ウイルスの感染で心配されるのが、「サイトカイン・ストーム」と呼ばれる現象だ。
未知のウイルスに体の免疫が過剰反応をしてしまい、致死的な環境障害や多臓器不全を引き起こす。
元気な若い人ほど現れやすい。
「小柴胡湯に配合されている『柴胡』という生薬には、このサイトカイン・ストームを抑える作用があります。
タミフルと一緒に処方するのも一つの方法です」と、丁教授は言う。
むろん、新型インフルエンザに漢方薬が効くという臨床例はまだない。
しかし、新型は往来のインフルエンザと症状が似ているとされることから、
「漢方でも十分対処できると思います」と森医師は自信を示す。
万が一、新型ウイルスが強毒性に変異して「パンデミック(世界的大流行)」が起きたら、
病院は重症患者であふれ、タミフルは底をつくだろう。
自分の身は自分で守る以外にない。
そのとき、東洋医学の知恵が力を発揮する。

三嶋信一さん 記


特集:板藍根(ばんらんこん)

板藍根は、風邪やインフルエンザの予防によいです。
また、風邪やインフルエンザにかかった時の熱症状や、のどの痛みなどにお茶代わりに飲むとよいです。


袁先生の板藍根のお話
「インフルエンザ・扁桃腺炎によい板藍根」

抗ウイルス作用がある生薬のなかで、もっとも注目を浴びているものに板藍根があります。
中国では、インフルエンザや扁桃腺炎、耳下腺炎(おたふくかぜ)、帯状疱疹、肝炎などの
ウイルスが原因となる疾患の治療に欠かせない生薬として重宝されています。
 よく使われているのは、手軽に飲める砂糖が入った甘い味のエキス剤で、
A型肝炎が大流行した時やSARS騒動の時には予防と治療に大活躍しました。
最近、日本でもエキスタイプで飲みやすい板藍根の商品が入手できるようになりました。
冬といえば受験シーズン本番、肝心なときのための風邪やインフルエンザの予防や治療にうまく利用してみましょう。
中国の小学校では登校する生徒の咽に板藍根の煎じ液をスプレーするなど広く用いられています。
また、扁桃腺炎を繰り返す子供にも良い効果を上げています。

袁 世華(中国・長春中医薬大学教授)



板藍根の使い方

中国では、風邪やインフルエンザの予防や、発熱やのどの痛みなどの症状に、
煎じ液をお茶代わりに飲むなどの方法で、広く利用されています。
また、煎じ液でうがいをすることもウイルスや細菌の感染予防に役立ちます。


こんなときには板藍根


「よく扁桃腺が腫れて高熱を出すお子様」
急性の場合はもちろん、何度も繰り返す扁桃腺炎でお困りのときに!

「風邪をひきやすい、インフルエンザの流行時の予防に!」
風邪かなと思ったときや、受験シーズンなどで風邪をひいてはいられないときに!

「のどに違和感がある」
のどからくる風邪や、急性咽頭炎などでのどの痛みや腫れがひどいときに!

「口内炎ができやすい」
口内炎や口のまわりの水疱(ヘルペス)ができやすい方や、なかなか治らないときに!

「にきびが化膿しそうなとき」
ニキビや吹き出物が大きく膨れたり、化膿して痛くなりがちな方に!

「お腹を壊しやすい」
細菌性の急な下痢のときやお腹を壊しやすい方に!

バンラン根、ご服用上のご注意:
高熱などの症状があるお子様の場合、
必ず医師や薬剤師のアドバイスを受けた上でご使用ください。


特集:板藍根(ばんらんこん)とは、


板藍根(バンラン根)

板藍根は、日本ではあまり知られていませんが、中国では冬の季節にはなじみの深い生薬です。
風邪やインフルエンザにかかった時の熱症状や、のどの痛みなどにお茶代わりに飲むなどの方法で広く利用されています。

生薬とは、からだに有用な植物、鉱物などをそのまま乾燥したり、
または簡単な処理をしたものです。漢方薬などの原料としても利用されます。

板藍根とは

タイセイやホソバタイセイというアブラナ科の植物の根を乾燥させた生薬です。
中国ではこれ以外にもキツネノマゴ科の植物リュウキュウアイ(別名:馬藍)の根や根茎も用います。

少し難しくなりますが東洋医学では、
板藍根は≪清熱解毒≫≪涼血利咽≫の薬能をもつ生薬とされています。
≪清熱解毒≫とは、細菌やウイルスによる感染や炎症に伴う発熱、腫脹、疼痛などを抑える働き、
≪涼血利咽≫とは、のぼせや発赤、紅班、鼻血、充血などの症状やのどの症状を抑える働きを意味します。
これらの作用は、現代医学的な基礎研究の結果からも裏付けられています。

板藍根の主な働き

培養細胞などを使用した基礎研究において、次のような作用が認められています。

 ●抗ウイルス作用:ウイルス感染や体内での増殖を抑える働き。

 ●抗菌作用:細菌感染や体内での増殖を抑える働き。

 ●免疫増強作用:からだの免疫力を強くする働き。

 ●解熱消炎作用:熱を下げる働きを痛みや腫れなどの症状(炎症)を抑える働き。

板藍根の藍

板藍根の原料となる植物は、インジカンという成分を含み、
発酵や空気酸化などの処理によって藍色のインディゴとなることから、
藍染の染料植物としても利用されてきました。板藍根の藍の名前の由来はここにあると思われます。
日本では、北海道にハマタイセイがあり、アイヌ民族が染料に利用していました。
その他に、タデ科のアイ、マメ科のキアイ、トウダイグサ科のヤマアイなどの植物も藍染に用いられています。

板藍根の使い方

中国では、風邪やインフルエンザの予防や、発熱やのどの痛みなどの症状に、
煎じ液をお茶代わりに飲むなどの方法で、広く利用されています。
また、煎じ液でうがいをすることもウイルスや細菌の感染予防に役立ちます。

板藍根の安全性

中国では、安全な生薬として幅広い年代層に使用されています。
また、日本でも食品として流通しはじめましたが、重篤な副作用は報告されていません。
ただし、体質や体調によってまれに体に合わない場合がありますので、
その場合は服用を中止し、医師、薬剤師に相談されるといいでしょう。



特集:新型インフルエンザ予防に漢方薬
@銀翹解毒散(ぎんぎょうげどくさん)!
A麻黄湯(まおうとう)!
B板藍根(ばんらんこん)!



特集:新型インフルエンザと漢方薬

毎年、冬になれば、インフルエンザの流行が気になってくる。
インフルエンザは普通の風邪と異なり、のどの痛みや鼻汁に加えて、39℃の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など、
全身に症状が出て、けん怠感も強いのが特徴だ。

さらにインフルエンザは、しばしば細菌感染を伴う気管支炎や肺炎などを併発して重症化することがあるため、やっかいである。
特に、成人に比べて体が弱い子どもや高齢者では、インフルエンザの流行が始まると気が抜けない。

 これまで、インフルエンザの治療は難しかったが、現在はインフルエンザウイルスを短時間に検出できる診断キットや、
さまざまな抗ウイルス薬が登場し、以前より診断も治療も容易になった。

 このように、西洋医学での治療法は充実してきているが、
漢方医学でも、忘れてはいけない有効な薬がある。それが、「麻黄湯(まおうとう)」である。

発熱や全身の筋肉痛・関節痛などに効果

 麻黄湯は、医師用の漢方エキスの添付文書にも、「インフルエンザ(初期のもの)に効果がある」と記されている。
麻黄湯は古くから、発熱や頭痛、首筋・肩・背中・腰など全身の筋肉や関節の痛み、
動悸(どうき)、息切れ、寒け、咳、鼻詰まり、のどの痛みなど、さまざまな症状に効くといわれてきた。
こういった症状が、現在のインフルエンザでみられる症状と一致していると考えられ、医師にも広く使われている漢方薬だ。

漢方医学の考え方では、インフルエンザのような症状は、体の表面部にある水毒によって起こると考える。
そこで、水毒を取り除く作用を持つ麻黄湯が選ばれてきた。ただし、
作用が強いので、子どもや高齢者など、体力が衰えている人に使うときは注意が必要である。

最近、A型インフルエンザだと診断された患者を対象に、抗ウイルス薬、総合感冒薬、麻黄湯のそれぞれを投与して、効果を比較した研究が報告された。
この研究によれば、麻黄湯を投与した群で、総合感冒薬に比べると、急性気管支炎、肺炎の発生率が低下することが明らかになった。

 さらに、発熱日数を比較したところ、
麻黄湯を投与した群は、抗ウイルス薬と同じくらいの短期間で済んでいることが分かった。
最も発熱期間が長引いたのは、総合感冒薬だった。古くからある漢方薬は、
新しく登場してきた薬に負けず劣らずの力を秘めているのかもしれない。

天野 宏さん(医療ジャーナリスト)

(第2類医薬品)マツウラ漢方
@銀翹解毒散(ぎんぎょうげどくさん)エキス
<効能・効果>
風邪によるのどの痛み、口(のど)の渇き、せき、頭痛

30包入り(10日分)¥3980
90包入り(30日分)¥11360
180包入り(60日分)¥22680
300包入り(100日分)¥35980


*銀翹解毒丸(ぎんぎょうげどくがん)



(第2類医薬品)マツウラ漢方
A麻黄湯(まおうとう)エキス細粒
<効能・効果>
  風邪のひきはじめで、さむけがして発熱、頭痛があり、
体のふしぶしが痛い場合の次の諸症:感冒、鼻かぜ
30包入り(10日分)¥3150
90包入り(30日分)¥8980

インフルエンザの治療に漢方製剤の「麻黄湯(まおうとう)」を使うと、
抗ウイルス薬のタミフルと同じ程度の症状軽減効果があるという研究結果を、
福岡大病院の鍋島茂樹・総合診療部長らが明らかにした。
新型インフルエンザへの効果は未確認だが、タミフルの聞かない耐性ウイルスも増える中、注目を集めそうだ。

日本感染症学会で4月に発表された鍋島部長らの研究は、昨年1月〜4月に同病院を受診し、
A型インフルエンザウイルスを検出した18〜66歳の男女20人の同意を得て実施。
うち8人はタミフル、12人は麻黄湯エキスを5日間処方した。
ともに発症48時間以内に服用し、高熱が続く時は解熱剤を飲んでもらった。

服用開始から平熱に戻るまでの平均時間は、タミフルが20・0時間、麻黄湯が21・4時間でほとんど差がなかった。
解熱剤の平均服用回数はタミフルの2・4回に比べ、麻黄湯は0・6回と少なくて済んだ。

麻黄湯のインフルエンザへの効能は以前から承認されている。

鍋島部長は「正確な効果の比較には大規模で厳密な研究が必要だが、
タミフルは異常行動などへの懸念から10歳代への使用が原則中止されていることもあり、
漢方薬という選択肢の存在は大きい」と話している。

(2009年5月8日 読売新聞)

(健康食品)マツウラ漢方
Bバンラン根エキス(キャラメル味)
幼稚園、小学生のお子様でもおいしく飲めます。

30包入り(10日分)¥2100
90包入り(30日分)¥5980
180包入り(60日分)¥11360
300包入り(100日分)¥17980


最近、新型インフルエンザも流行りはじめ、マスクも売り切れの状態が続いています。
インフルエンザといえば「タミフル」や「リレンザ」が有名ですが、副作用が強いという事で
お子様はもちろん、大人でさえも服用に不安が大きいという状態です。
そんな中、福岡大病院、鍋島先生が、漢方薬「麻黄湯」が「タミフル」並の効果があると発表しました。

漢方薬の詳細は、直接、薬剤師が、ご説明致します。
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)。
お気軽にお電話ください!










                                      


お問い合わせは、
漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
まで、お気軽にお問い合わせください。

大山漢方堂薬局
漢方健康相談コーナーへ、クリック!





佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      

医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine



<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp