線維筋痛症=全身的慢性疼痛疾患、全身に激しい痛みが起こる病気。

症状

全身や広範囲が痛み、またある部分だけが痛む。

その痛みは軽度のものから激痛まであり、耐え難い痛みであることが多い。

痛みの部位が移動したり、天候によって痛みの強さが変わったりすることもある。

痛みが強いと日常生活に支障をきたすことが多く、重症化すると、軽微の刺激(爪や髪への刺激、温度・湿度の変化、音など)でも、
激痛がはしり、自力での生活は困難になる。

随伴症状

こわばり感、倦怠感、疲労感、睡眠障害、抑うつ、自律神経失調、頭痛、過敏性腸炎、微熱、ドライアイ、記憶障害、集中力欠如、
レストレスレッグス症候群などが伴う事もあるが、症状には個人差がある。

中には、リウマチや他の膠原病を併発する人もいる。

痛みによって不眠となり、ストレスが溜まり、それがまた痛みを増強させる場合もある。

死に至る病ではない。

線維筋痛症は、男性よりも女性に多く、中高年の方に多い病気である。
そのため自律神経失調症や更年期障害、不定愁訴など、他の病気と診断されることも少なくない。

現在人口の1.66%、約200万人いるのではないかと、疫学的に発表されている。

診断方法

明確な診断基準はない。

現段階では、1990年に発表された、アメリカリウマチ学会の分類基準を参考にしている。

全身に、18箇所の圧痛点があり、4kgの力で押し、11箇所以上痛く、また、広範囲の痛みが3ヶ月続いていることが条件。

11箇所以上でなくても専門医の判断で線維筋痛症と診断されることもある。

他の病気がある場合、線維筋痛症の診断はされない。

検査をしても異常がないのが特徴。

血液、レントゲン、CRPという炎症反応、筋電図、筋肉の酵素、CT、MRIを検査しても異常がない。

線維筋痛症と診断できる検査は、いまのところない。

患者さんの多くは、線維筋痛症と診断されるまで、何箇所もの医療機関を、何年にもわたって、まわり続けることになる。

病因は、まだ不明。

アメリカでは、中枢神経の異常によって痛みの回路が変わり痛みを増幅させているのではないかと考えられている。

未だ、はっきりしていない。=未解明状態。

また、肉体的・精神的ストレスや事故、手術等が引き金となって発症するのではないかとも言われている。

治療薬

特効薬はまだない。

普通の痛み止めが効かない場合が多く、脳内の痛みをコントロールする作用がある向精神薬を服用することが主流となっている。

線維筋痛症の患者さんは、精神的な病になっているのではない。

その他

線維筋痛症は日本において社会保険診療報酬制度に入っていない。→ 保険適用外

医師が随伴症状で保険を適用させているのが現状。

また、検査しても異常がないことから、多くの患者さんは、

「詐病」、「怠け病」と見られ辛い思いをしている。

しかし、実際は、その反対で、線維筋痛症は、「怠けることができる人はならない」 と言われている。


お問い合わせは、
漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
まで、お気軽にお問い合わせください。


大山漢方堂薬局
漢方健康相談コーナーへ、クリック!





佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      

医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine



<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp