大山漢方薬局ニュース

大山漢方薬局の「血液さらさら漢方薬(動脈硬化を予防する漢方薬)」が、平成16年6月27日に佐野市民新聞(読売新聞折込)に紹介されました!

掲載内容

漢方薬で血液さらさら NO.1

動脈硬化と東洋医学「於血(おけつ)?」の関係を指摘、生活習慣病の予防を宣言!

佐野市出身で、東洋医学(漢方薬・鍼灸)を専門に学んだ大山博行さん、大山漢方薬局経営、大山鍼灸院併設 (岡山大学医学博士、徳島大学薬学修士、学位を取得)の「於血(おけつ)?」を改善する漢方薬が好評を博している。以下、大山さんのお話、「心臓に酸素と栄養を供給する冠状動脈、そこに動脈硬化が進行し血流不全が起こると、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞を引き起こし、死を招くことも多く、ある日突然幸せな家庭を不幸にしてしまいます。原因となる動脈硬化は、20代後半から徐々に進行しますが、これを加速させないことが一番大切です。動脈硬化の研究では、アメリカが世界の最先端を走っていますが、この危険因子を、一に「肥満」、二に「糖尿病」、三に「高脂血症」、四に「高血圧」とし、これを「死の四重奏」と呼び全国民に注意を促しました。これらは、ソロでは重い病気と認識されませんが、デュオで2倍、トリオで4倍、そして四重奏で16倍と、相乗的に死亡率が高まると指摘しています。(あなたは何重奏? そして、あなたの愛する人たちは?)さらに、その対応策として、食事、運動、禁煙、ストレスなど、生活習慣の改善を呼びかけています。医学が進歩して、危険因子も検査により数値で知ることができますが、心筋梗塞、脳梗塞の死亡率が減らないのはなぜでしょう?(心筋梗塞と脳梗塞をたすとガンの死亡率を上回る)それは、人間の生活習慣は、なかなか思うように簡単には変えられないからです。東洋医学では、血液の流れが悪くドロドロしていることを「於血(おけつ)」といい、これを取り去ることが動脈硬化の進行を遅らせることにつながり、健康・長生きへの第一歩と考えられています。つまり血液をサラサラに保ち、体重を減らすことです。この於血を改善する漢方薬は、「丹参(たんじん)」を含む6種類の漢方処方と、桃仁(とうにん)伏令(ぶくりょう)を含む5種類の漢方処方が最も効果的なのです!」と大山さん。頭痛、肩こり、めまい、生理痛、冷え症などは、於血のサインという。血液検査で生活習慣の改善を指摘された人、最近太りぎみで体脂肪やコレステロールの気になる人は、一度大山さんに相談してみるとよい。お問合せは、お気軽に大山さんへ、大山漢方薬局:0283-22-1574


漢方薬で血液サラサラ NO.2

6種類の生薬調剤に血液粘度を下げ、血栓を防ぐ作用のあることを指摘、生活習慣病の予防を宣言!

栃木県佐野市、佐野厄除け大師通り中央(佐野市金屋仲町)の漢方専門、大山漢方薬局の大山博行さんは、長年の研究成果から漢方を現代病に活かせればと情熱を燃やしている。市出身の大山さんは、徳島大薬学部大学院修士課程を修了後、日本最大の漢方薬メーカー「ツムラ」の中枢組織、本社研究開発本部に入社し、会社の援助を受け、岡山大医学部で脳の老化のメカニズムと漢方薬の抗痴呆作用を研究。その結果、活性酸素消去作用、脳循環改善作用、脳代謝改善作用の強い漢方薬が、脳の老化やボケ防止に有効なことを科学的に立証。同大学院より医学博士の学位を取得した。さらに、大山さんは、実家が鍼灸の家なので、鍼灸医学にも興味があり鍼灸師免許も取得した。「東洋医学(漢方薬・鍼灸)に現代科学の光を当て、現代医療に貢献できればと研究を進めている」という。大山さんは長年の研究から、漢方生薬「芍薬」を含む6種類の組合せが血液粘度を下げ血栓形成を防ぐ作用があり、ドロドロの血液をサラサラにして血管を若く保ち、動脈硬化を予防、脳卒中、心筋梗塞などの発症を防ぎ、しいてはボケの過半数をしめる脳血管性痴呆症を予防できる可能性を指摘している。この漢方薬の服用を希望する方は、大山さんの薬局で調合してもらえる。お問合せはお気軽に大山さんへ、以下略 大山漢方薬局:0283-22-1574

写真解説:中国の大学病院(北京市の中国中医研究院西苑医院)から招待を受け鍼灸治療と漢方薬の指導をしている大山博行博士





大山漢方堂薬局「生薬製剤二号方」を、
ご服用いただいている方々の、
声をあつめてみました。

慢性症状
・動悸や胸苦しさ、胸痛がなくなってきた。
・肩こりが楽になってきた。
・節々の痛みがとれてきた。
・疲れにくくなった。
・頭痛・頭重がとれ、しびれが楽になった。
・よく眠れる
・気力が充実し、気分が明るくなった。
・手足がつめたくなくなった。
・更年期のイライラや頭痛がなくなってきた。
・肌が若返った感じがする。
・生理が規則的になり楽になった。

血と気のめぐりを良くして血液の滞りを改善します。

◇手足のしびれ、腰のしびれ、痛みに
◇頭痛・頭重・肩こりに
◇冷え性、婦人疾患に
◇血圧異常や脳血管障害に
◇その他 血行不良によるものに
        ↓
効きます 生薬製剤二号方

検査値が正常″に近づいた!

★血圧
★コレステロール値
★中性脂肪値
★肝機能

毎日げんき!げんき!



お問い合わせは、
漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
まで、お気軽にお問い合わせください。


大山漢方堂薬局
漢方健康相談コーナーへ、クリック!





佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      

医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine



<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp