大山漢方堂薬局
特集:サフラン
 *サフラン(Crocus Sativus) の柱頭



サフラン;アヤメ科(Iridaceae)の植物で、地中海沿岸からインドに至る地域を原産とし、日本へは江戸時代の1860年代にヨーロッパから伝えられました。中国には唐代(7世紀)に、まずインドから伝わったとされています。
1つの花から、3分枝した柱頭が1つしかとれないため、1g採取するのに60〜70の花が必要となり、非常に高価な生薬です。

 サフランはヨーロッパ地中海地域において、紀元前から香辛料や染料として、またハーブとして薬用にも使用されてきました。日本でも、明治時代にはすでに婦人用薬として、「サフラン湯」などの家庭薬に配合されて用いられていました。ところが、このためにサフランといえば婦人病という強力なイメージができあがり、他の用途に用いることを妨げてきた面も否定できないでしょう。
 しかし、サフランには婦人秒に対する以外にも数多くの薬能があり、最近になってその1つ1つが、薬理実験や臨床治験により検証されてきています。このような状況から、精神神経疾患や皮膚疾患に対する薬能により、不眠やアトピー性皮膚炎など近年増加が著しい疾患にも使用され、よい効果が得られています。さらには、記憶・学習に関する改善作用や発癌プロモーター抑制作用も報告されており、痴呆症などの老人性疾患や癌に対しても効果が期待されます。
 サフランは、日本薬局方に第1版から収載され、中国の中華人民共和国薬典(日本の薬局方に相当)にも収載されています。
 大分産のサフランはcrocinの含有量が高く、品質もよいとされています。
 活性成分の1つであるcrocinは、極めて不安定で分解性の高いことが知られ、ふるい本草書にもサフランは新鮮なものほどよいと記載されています。このため、保存法の検討がなされており、湿気、空気、光などは遮断し、でき得る限り低温下で貯蔵する必要のあることが明らかにされています。



「サフランの活性成分」

 
黄色カロチノイド配糖体crocin(crocetin digentiobiose ester)、その他のカロチノイドとしてcrocetin、crocetin dimethyl ester、carotene、lycopeneが含まれています。
 また、苦味配糖体picrocrocin、芳香精油成分safranal、savitol、adenosine、ビタミンB2、脂肪油などが含まれています。
 picrocrocinは加水分解によってsafranalを生じるため、古くなったサフランは、苦みが減り芳香が強くなります。
 含有量はそれぞれcrocin2%、picrocrocin2%、精油1%、脂肪油10%程度といわれており、中枢系の作用はカロチノイド類、血小板凝集抑制などの循環器系の作用はadenosineが、その大部分を担っていると考えられています。

「サフランの薬理作用」
No.1 生体防御系

★発癌抑制作用
★抗ストレス・抗疲労作用
★恒常性維持作用
★抗アレルギー作用
★抗酸化作用
No.2 内分泌・代謝系
★脂質代謝改善作用
★血中コレステロール低下作用
No.3生殖器系
★子宮興奮作用
★子宮収縮作用
No.4 中枢神経系
★記憶・学習改善作用
★鎮静・睡眠作用
No.5 循環器系、凝固・線溶系
★線溶活性亢進作用
★血液凝固抑制作用
★血小板凝集抑制作用
No.6 心臓・血流
★循環改善作用
★血管拡張作用
★血圧降下作用
★強心作用
★呼吸興奮作用
No.6 消化器系
★利胆作用

◎本草書をはじめとする古典の記載の整理
やはり、産婦人科疾患が適応の中心と考えられますが、活血薬に温めるものが多い中、サフランは涼血作用があるため、広い応用が可能であることが伺えます。また、これら薬能の中で、呼吸器、消化器系に関する用途についてはあまり検討がなされておらず、今後の検討が待たれます。

産婦人科 ★活血キョウオ、通経の薬能があり、月経困難、無月経、更年期障害、流産癖に用いる。
★止血薬として、子宮出血、月経過多に用いる。★ヒステリー、めまいなどの神経性、痙攣性症状に用いる。
★妊婦には用いない。
精神神経 ★心憂鬱積、気悶して散ぜぬものに血を生かす。久しく服すれば精神を愉快にする。また驚悸を治す。
★心気驚悸を治す。
★婦人と子供の神経性および痙攣性症状(ヒステリー、めまい、眼瞼・筋肉の痙攣、嗜眠、百日咳、胃胸痛など)に用いる。
皮膚 ★涼血解毒。★麻疹に用いる。
消化器 ★胃を開く。食欲を促進する。
呼吸器 ★頑固な咳・呼吸不全、肺病、胸郭を広げる。
★百日咳、痙攣性咳嗽、鼓腸のような痙攣にアヘンの代用として用いる。
疼痛 ★通風。★腰腿痛を治す。★頭痛。
その他 ★止血薬として、鼻出血に用いる。★腎臓病に用いる。
★肝経腫硬、中風タンタン、口眼歪斜、頭眩、久熱、痔瘡、淋澀、久咳、虚弱、消食、消腫。
★長期服用すれば上部になり顔色がよくなる。


お問い合わせは、
漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
まで、お気軽にお問い合わせください。


大山漢方堂薬局
漢方健康相談コーナーへ、クリック!





佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      

医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine



<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp


                                      


サフランはこのような症状の方に応用されています。
 漢方処方などに加味して、月経障害・更年期障害・冷え性などの産婦人科疾患、不眠を伴う精神神経疾患、湿疹・アトピー性皮膚炎・ソウ痒感などの皮膚科疾患などに対して用いられます。

<臨床例>
◎産婦人科疾患

主訴
<月経障害>
月経痛
月経不順
子宮内膜症
月経前症候群
<更年期障害>
<その他>
不定愁訴(更年期障害を除く)
不正性器出血
卵巣嚢腫


◎精神神経疾患

原疾患
<不眠>
精神病
  非定型精神病
  その他(老人性・錯乱)
精神分裂病
単極性うつ病
両極性躁うつ病
不眠症
慢性発作性頭痛
更年期障害
不定愁訴
<その他の不定愁訴>


◎皮膚疾患

診断名[その他の症状]
湿疹・アトピー性皮膚炎[月経痛・貧血など]
皮膚ソウ痒感[のぼせ・頭痛]
湿疹[アレルギー体質]


◎その他

診断名[その他の症状]
扁桃腺炎[月経痛]
パーキンソン病・高血圧[不眠症]
レイノー病
DIC(汎発性血管内凝固症候群)
両変形性膝関節症・骨粗鬆症(腰痛)
ぎっくり腰(腰痛)・膝の冷え・下肢静脈瘤(下肢痛)
労作性狭心症(心内膜下梗塞)・心室性期外収縮(不整脈)
息切れ


サフランの薬理学的検討  〜松浦漢方薬理実験データより引用〜

★マウスのIgE抗体産生能に対する抑制作用

 アレルギー疾患に深く関わっている即時型(I型)アレルギー反応ではIgE抗体が産生され、アトピー性皮膚炎患者の血清中IgE抗体値は健常人の10倍以上にも及ぶといわれています。そこで、本実験では、IgE抗体産生能を指標に、サフラン乾燥エキスの抗アレルギー作用を検討しました。
 サフラン乾燥エキスを腹腔内に単回投与し、IgE抗体産生抑制試験(PCA反応)を行なった結果、サフラン乾燥エキス投与群は、用量依存的にIgE抗体産生を抑制しました。
 以上により、サフランにはIgE抗体産生抑制を介した抗アレルギー作用を有する可能性が示唆されました。

★in vitro実験系におけるSOD様活性の測定

 活性酸素は様々な炎症や病態、老化などに広く関与しているといわれています。そこで、本実験では、亜硝酸法を用い、in vitro実験系におけるサフラン熱水抽出液のSOD様作用を検討しました。
 キサンチンオキシダーゼ(XOD)によって生成するO2を用いて活性を測定した結果、サフラン熱水抽出物によるSOD様活性が認められました。


 サフランには、SOD様活性を持つカロチノイド色素やO2の産生抑制作用を示すadenosineが含まれていることから、これらの成分が中心となって活性を示していると考えられます。
 サフランは、駆於血薬として主に産婦人科や精神神経系、皮膚疾患などに用いられています。於血の病態のひとつである微笑循環不全状態では、活性酸素の産出が促進されていることが明らかにされています。よって、サフランは微小循環不全によって産生される活性酸素を消去することにより、於血の関係する病態を改善する作用を有すると考えられます。
 また、測定法からXOD阻害作用も考察されることから、薬能にもあるような痛風の改善作用も期待できます。

サフランの使用量
 1日量0.3〜0.5g*が一般的です。効果がみられない場合は、様子を見ながら適宜増量します。用法には、そのまま水または湯で服用する方法と振り出し法などがあります。
振り出し法とは、1回量に熱湯100〜150mLを加えて浸出させ、5〜10分後に香りや色を楽しみながら残り滓も一緒に服用する方法です。1日3回食前または食後に服用します。 *菊谷豊彦;漢方の臨床、43(6),1240(1996)

サフランの安全性
 雄性マウスに対して、70%エタノール抽出エキスを単回腹腔内投与し、3日間観察したところ、LD50は11±2.2g/kg(原生薬量として)でした。このことから、サフランは安全性が高いと考えられます。
 内服による副作用としては、稀に、のぼせ・ほてり、興奮、不眠、嗜眠、動悸、胃部不快感、軟便、頻尿、薬疹、症状の悪化などが報告されています。実際の治療において、サフランの効果が強すぎると、考えられる例では、「生で用いる」、「振り出す」、「減量する」などで改善される場合があります。

 また、漢方的な考え方では、体力の消耗した人(中年以降の体力のない痩せ型の虚証の人)にはあまり適さないとされ、用いる場合は少量から使い始めるなどの注意が必要です。
 このほか、子宮収縮作用を有することから、妊婦には禁忌とされています。


漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方堂薬局 商品
サフラン原体25g=時価=参考価格 36000円(税込み、送料手数料込み)
大山漢方で、サフランを継続ご服用をお考えの方に、特別割引優待価格がございます。
お気軽にお電話ください。0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
サフランのご注文は、大山漢方堂薬局に、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。


お問い合わせは、
漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
まで、お気軽にお問い合わせください。


大山漢方堂薬局
漢方健康相談コーナーへ、クリック!





佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      

医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine



<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp