漢方専門 大山漢方堂薬局 厳選漢方薬
岡山大学医学博士 徳島大学薬学修士 大山博行

読んで癒そうスポニチセラピ−:スポニチ

東茂由の「メディカルインフォメーション」

9種の生薬配合のロングセラー

肝炎の薬、肝生(かんせい)、脳梗塞の後遺症に「順血湯(じゅんけつとう)」 服用2〜3日で症状ほぼ解消

東京・上野にある建林松鶴堂は大正13年に製薬と薬局を開業した漢方薬の老舗である。

3代目の現当主の建林邦信さんによると、

「初代の建林宰亮は、漢方薬が停滞していた中、江戸時代の和漢薬を参考に様々な処方を考案しました」

戦前、結核、腎臓病、不妊症などの薬が、特に評判で、毎朝開店前に列ができていたという。

現在も創業時から人気のロングセラー商品が様々ある。


そのひとつ、「順血湯(じゅんけつとう)」は、

江戸時代に、厳用和が考案した「八味順血散」をアレンジした処方で、烏薬、青皮などの9種の生薬を配合している。
適用は、「脳出血、めまい、頭痛、耳鳴り」で、建林社長によると特に「脳梗塞(こうそく)」に効果を発揮するという。
煎じ薬のため、若い人には敬遠されるのが難点ともいうが、発売以来80年以上副作用の報告がないというのもいい。
1袋(1日分)に水550ミリリットルを加え、半量になるまで煎じ、1日3回に分け食間に服用。


 「順血湯(じゅんけつとう)」8日分(8袋)4725円(税込み)

「順血湯(じゅんけつとう)」
8日分(8袋)4725円(税込み)
24日分(24袋)、14175円(税込み、送料、手数料込み)
クロネコヤマトの代金引換にて、今すぐ発送できます。
お問い合わせ:大山漢方堂薬局 0283-22-1574(イゴ・不安・ナシ)


     

「私自身、平成11年に右半身が急に利かなくなり、病院で検査をしたら脳橋に血栓ができているとわかりました。

すぐに入院するように指示されましたが、順血湯(じゅんけつとう)を煎じて飲んだら2〜3日で症状はほぼ解消し、難を逃れられました」

脳梗塞や脳出血の後遺症改善には、最初は「順血湯(じゅんけつとう)」を、その後に「清風湯(せいふうとう)」に変えて服用すると効果的との由。



 「清風湯(せいふうとう)」=7140円

   

実は建林社長は、漢方の基本でもある易をはじめ、陰陽道や仏典など、東洋思想を広く求め、幅広い視野に立って漢方薬の研究を続けている。

現在も週2回は薬局の店頭に立って、様々な病気・症状を抱えている人たちの相談に応じており、その学識と経験が生かされている。

お問い合わせ:大山漢方堂薬局 0283-22-1574(イゴ・不安・ナシ)


 佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      


その他、建林松鶴堂の厳選人気漢方薬、ロングセラー!!!

@「威徳(いとく)」は、糖尿病の薬で、白虎加人参湯という処方を基本に数種の生薬を配合してあり、中でも黒豆が威力を発揮する。
また「豊富なビタミン、必須アミノ酸、ミネラルは、糖尿病の合併症の予防・改善に効果が期待できます。」と建林社長。

 「威徳(いとく)」=8400円


A「扁鵲(へんせき)」は、肥満治療薬で適応症は脂肪過多。
江戸時代の漢方医、石崎朴庵が考案した「九味半夏湯(くみはんげとう)」を元にアレンジした。
脂肪太り、水太りの両方に効き、服用するとまず中性脂肪やコレステロールが下がり、その後に体重が減ってくるという。

 「扁鵲(へんせき)」=7350円


他に、B肝炎の薬の「肝生(かんせい)=8400円や、
C腎臓病の薬の「寿徳湯(じゅとくとう)」=7350円
D痔(じ)の薬の「恵痔(けいじ)」=7350円
E鼻炎の薬、「鼻療(びりょう)」=5985円などがロングセラー。

   


お問い合わせ:大山漢方堂薬局 0283-22-1574(イゴ・不安・ナシ)


注)上記、漢方薬を30日間服用しても、効果に満足できない場合は、
大山漢方堂薬局 調合漢方薬(オーダーメイド)をお勧めします!!!
大山漢方堂薬局に、一度、お電話ください。0283-22-1574 



 佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      


医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine



<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp