お問い合わせは、
漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
まで、お気軽にお問い合わせください。



大山漢方堂薬局
漢方健康相談コーナーへ、クリック!





佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      

医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine



<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp


                                      


からだを守るつよい味方。1袋中:板藍根エキス末1.000r含有
健康食品 匙倶楽部商品  板藍根エキス
家族みんなの板藍根 ありがとう元気!
毎日飲むだけ健康習慣!

こんな方は、ぜひお試しください。
1.かぜを引きやすい方
2.よく熱が出たり、ノドが腫れやすい方
3.口内炎やヘルペスができやすい方
4・細菌性の下痢でおなかを壊しやすい方
5.ニキビやお肌の出来物がよく化膿する方

名称    板藍根抽出物加工食品
原材料名 板藍根エキス末、麦芽糖、ショ糖脂肪酸エステル、微粒二酸化ケイ素
包装    ボトル:500g
       個包装:1.5g×60袋(90g)

栄養成分表示  1袋(1.5g)当たり
エネルギー     5.6kcal
たんぱく質     0.18g
脂質         0.11g
糖質         0.96g
食物繊維      0.04g
ナトリウム      1.3r

<1袋中に含有される成分>
板藍根エキス末 1000r
<お召し上がり方>
1日2袋(3.0g)を目安に、水又はお湯と一緒にお召し上がりください。あるいは、お湯と混ぜてお召し上がりください。

板藍根の飲み方&養生
◆温かいしょうが湯と一緒に飲む。
 かぜの時は温かい飲み物(しょうが湯など)で体を心から温めるのも大切です。生姜は、体を温める野菜としてよく知られており、今では若い女性にも人気です。
◆外から帰ったら、手を洗いましょう。
 細菌やウイルス感染は、菌保持者からうつることが多いもの。外から帰ったら、すぐに手洗いをし、家の中に持ち込まないようにしましょう。
◆すぐうがいをする。
 かぜの菌は口から入ることが多いので、手洗いと一緒にうがいも忘れずに行いましょう。
 ※抗菌力にすぐれた板藍根をお湯に溶いてゆっくりノドを潤すように意識して飲むとさらに良い。
◆たっぷり睡眠をとる。
 早めに就寝し、たっぷり睡眠をとって、体力を養いましょう。

【板藍根ってなあに?】
板藍根とは、アブラナ科の一年草、ホソバタイセイ(菘藍)の根をさします。漢方の薬能では、清熱解毒薬に分類され、熱を冷まし、炎症を取り除く働きがあります。中国では昔から民間療法として用いられてきました。この植物の葉から藍色(あいいろ)のインジゴがとれ、藍染の染料としても利用されてきました。板藍根の「藍」の名前の由来でもあります。
薬理学的には抗菌作用、抗ウイルス作用、消炎解毒作用、免疫増強作用が認められており、漢方では清熱・解毒の効果があり、高熱や発疹、ノド痛を伴うような感染症、肺炎、耳下腺炎(おたふくかぜ)などに用いられています。

近年中国では日本脳炎、インフルエンザ、ウイルス性肝炎などに対する臨床研究が行われています。
また、中国では一般家庭でも板藍根はうがい薬や風邪薬としてよく知られています。





 血の巡りが悪くて、痛みやしびれを訴える方に
匙倶楽部商品 還元清血飲 エキス細粒G「コタロー」

中国中医研究院が開発した冠心U号方(丹参、川きゅう、赤芍、紅花、降香)に基づいてつくられた活血化お剤(血流改善)である。方名(冠心U号方)には狭心症、心筋梗塞など(中国では冠心病という)の治療薬という意味が込めてある。
◆お血の代表処方
 処方の大半が活血化お薬(血流改善)からなっており、お血による諸症状(疼痛、腫塊、出血など)に応用されている。
◆疼痛(主に頭、肩、胸などの痛み)
「通ずれば即ち痛まず、不通なれば即ち痛む」血流が滞ってお血になれば、痛みが発生する。お血の痛みは刺痛(針で刺したような)。固定性の痛みで、部位が移動することは少ない。揉むとかえって痛んだり(拒按という)、夜間(冷えて)に痛みが増す特徴がある。
◆腫塊(しこり)
お血が停滞して動かず、定着して形成される腫塊を示す。一般に腹中の腫塊は積聚(シャクジュ)とよばれ、お血による積と気滞による聚とに区別される。
お血による積は固定して移動しないほか、おさえると強い痛みがある。
◆出血
お血による出血は、色が暗紫色、ときには血塊が混在することが多い。
◆その他
病気や老化の一因とされる活性酸素を除去したり、血栓を溶解する働きがあることから、現代人に多い生活習慣病に期待されている。


頭痛、胸痛、肩こりを訴える
顔色が黒ずんで肌にツヤがなくザラザラしていることが多い。
胸部や腹部のしこり
手足のしびれ
下肢の静脈瘤

ときに胃痛、生理痛、関節痛、筋肉痛、神経痛を訴えることも

【効能・効果】
中年以降または高血圧傾向のあるものの次の諸症:頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸


【処方構成と効能】6味
丹参は本方の主薬で、これ一味で四物湯の効があり、芍薬、川きゅう、紅花の活血作用の主薬とともに血の巡りをよくして、お血を取り除く。また、「気巡れば血も巡る」といわれるように、気の巡りをよくする木香・香附子の理気薬で活血の働きを助けている。
タンジン シャクヤク センキュウ コウカ--活血化お

モッコウ コウブシ--理気止痛

ココがこだわり!!
1回服用量が2.0gと少なくて飲みやすい。
乳糖不使用のため、乳糖不耐症の方にも使用できる。

還元清血飲 お血全般に用いることができるが、基本的には胸部のお血が専門
疎経活血湯 手足の痛み、腰痛、関節痛など、経路、筋骨のお血によい。
きゅう帰調血飲第一加減 女性の疲れに、イライラして、手足が冷える、産後、術後のお血によい。
桂枝茯苓丸 うっ血しやすく、下腹部に痛みを訴える。子宮のお血によい。
桃核承気湯 上記症状で便秘を伴う場合に。胃腸や子宮のお血によい。


お問い合わせは、
漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
まで、お気軽にお問い合わせください。



大山漢方堂薬局
漢方健康相談コーナーへ、クリック!





佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      

医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine



<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp