特集:尿路感染症と漢方薬

 トイレが近くなって、尿の出はじめや排尿時または出したあとに不自然な痛みがあって、
「膀胱炎かしら・・・」と心配になってお店にご相談に来られる方が、最近増えています。
 不自然な痛みが、尿の出はじめなら尿道炎、排尿中または後は膀胱炎の可能性があり、この両方を合わせて尿路感染症と呼びます。
 膀胱炎の約9割が女性で、その約半数が30代までに経験し、しかも高齢になると慢性化しやすいといわれています。
女性なら、誰でもかかる可能性のある膀胱炎は、再発しやすい病気でもあります。
 突然尿に血が混じった場合などには、他の病気との鑑別などを含め病院を受診する必要がありますが、
抗生物質・抗菌剤を飲んで症状がなくなるともう治ったと自己判断したり、「何となく面倒・・・」といった理由で慢性化することもあり、
一度なると何回か再発することが多くみられます。
そして、再発を繰り返し症状が進むと、膀胱から腎臓にまで最近が達して「腎盂腎炎」などになり震えがきて高い熱が出て、
高齢者では危険な状態に陥ることもあります。

◎排尿は大切な要素

 尿は24時間常に生成され、膀胱にある程度(約150ml)たまると尿意を催し排尿します。
一般的に、昼間(朝起きてから夜寝るまで)の排尿回数は4〜6回程度です。
正常に繰り返される排尿により尿と共に細菌を排出、膀胱や尿道を洗浄するのに加え、感染防御機構が働いて感染を未然に防いでいます。
 冬の寒さや、夏にクーラーなどで下腹部を冷やしたため膀胱周辺が血行不良になり、抵抗力が弱ったり、
夏場に汗を多くかいて排尿が減少しがちに加えて体の疲れが重なると、細菌が繁殖しやすくなります。
 女性は男性に比べ尿道が短い(中央図)ため、外部から細菌が侵入しやすいことも、尿路感染症を起こしやすい原因の一つとなっています。

@急性膀胱炎・尿道炎
 20〜30歳代の女性に多く、排尿を我慢することや冷え、カゼ、便秘、性交、妊娠、出産などが原因で、
排尿痛、頻尿、残尿感、排尿後不快感などを訴えます。原因菌としては大腸菌が80%を占めます。
排尿時の痛み(排尿痛)、頻回の尿意(頻尿)、尿の濁り(混濁尿)という3大症状が主で、重症の場合には残尿感や血尿を伴います。
細菌尿の希釈、体外への排出のために水分摂取を十分にすることが大切です。


A再燃性膀胱炎・尿道炎・慢性膀胱炎
 尿路感染症が長期慢性化したもので、基本的には急性膀胱炎と同様の症状を訴えますが、
症状の程度は軽いことが多い反面、くり返したり数か月以上にわたって継続する場合もあります。また、検査上では細菌は陰性のものもあります。
 膀胱結石、膀胱腫瘍や膀胱機能障害(神経因性膀胱)などの泌尿器科の基礎疾患がある場合は、炎症を生じ長引いて慢性膀胱炎になってゆきます。
中年の女性に多く、症状は激しいものから穏やかなものまで様々です。
また激しくなったり、軽くなったりすることを、くり返すことも多いようです。


尿路感染症には、まず、五淋散(ごりんさん)

 抗生物質や抗菌剤の投与により細菌が陰性かしても、排尿時の不快感が残る、一時的には良くなった感じでもまた再発する、
これらを連用すると下痢しやすい、あるいは非細菌性膀胱炎など、排尿時の悩みを抱えた人は少なくありません。
 これらの膀胱炎様症状を繰り返す人の排尿時の不快感には、漢方薬の五淋散が効果的です。
 五淋散は、細菌の排出を促進し、炎症や化膿を鎮め、傷の修復を促進するほか、
血流を改善して下腹部を温め、抵抗力をつけるはたらきを示します。(表参照)

五淋散のはたらきと類似処方

五淋散のはたらき 生薬の主作用 生薬名 五淋散 竜胆
瀉肝湯
猪苓湯

四物湯
膀胱炎などの尿路感染症では尿量を
増やすことが細菌を希釈したり洗い
流すうえで大切であり、五淋散には6
種の利尿の生薬が配合され、その中
で滑石・沢瀉・木通・車前子は消毒消
炎解毒・抗菌作用をかねる利尿生薬
として、黄ゴン・山梔子・甘草と共に患部
の炎症や化膿などを改善します。さら
に当帰・地黄・芍薬は局所の血流改善
や傷修復作用を促進すると共に、体力
や抵抗力を増す滋養作用を示します。
これらの結果、五淋散は膀胱炎など尿
路感染症自体とそれに伴う諸症状全
般を改善します。
利尿
(菌排出)
チョレイ(猪苓)
ブクリョウ(茯苓)
消炎解毒・抗菌 カッセキ(滑石)
タクシャ(沢瀉)
モクツウ(木通)
シャゼンシ(車前子)
オウゴン(黄ゴン)
サンシシ(山梔子)
カンゾウ(甘草)
リュウタン(竜胆)
傷修復
血流改善
トウキ(当帰)
ジオウ(地黄)
シャクヤク(芍薬)
センキュウ(川キュウ)
止血 アキョウ(阿膠)


膀胱炎などの尿路感染症に用いる五淋散と他の漢方処方・製剤(一般用)の比較

■五淋散と猪苓湯合四物湯:
五淋散は猪苓湯合四物湯に比べ、圧倒的に消炎解毒・抗菌作用の生薬が多く、消炎解毒作用に優れます。
一方、猪苓湯合四物湯には、止血作用を示す阿膠が配合されていますが、五淋散は傷修復による止血作用を示します。

■五淋散と竜胆瀉肝湯:
五淋散は竜胆瀉肝湯に比べ利尿生薬が多く配合されており、膀胱や尿道の細菌を洗い流すはたらきが強いといえます。
一方、竜胆瀉肝湯は消炎作用の強い竜胆草が配合されており、排尿時に尿道が焼けるように熱く感じる場合や尿に濃が混じり混濁する場合に用います
が、冷えによる膀胱炎には不向きです。

■五淋散とマンデル酸ヘキサミン(ウロナミン腸溶錠):
マンデル酸ヘキサミンは酸性尿中で加水分解され生成されるホルムアルデヒドがタンパク変性剤として作用し抗菌作用を示す尿路消毒剤です。
ホルムアルデヒド(ホルマリン)は皮膚・粘膜を刺激しますが、副作用として排尿時灼熱感が約1.0%発生と報告されています。
五淋散は、利尿・消炎解毒の他、傷修復促進や血流改善などを示すため、膀胱炎など尿路感染症自体とそれに伴う諸症状全般を改善します。

 

五淋散料(ごりんさん)
<効能・効果>
頻尿、排尿痛、残尿感


大山漢方薬局 販売価格

 30日分(90包) 販売価格 7500円(税込)
 60日分(180包) 販売価格 14000円(税込、送料、手数料込み
 90日分(270包) 販売価格 19000円(税込、送料、手数料込み
100日分(300包) 販売価格 21000円(税込、送料、手数料込み)

お徳用500gボトル品(84日服用可) 販売価格16800円(税込、送料、手数料込み



お問い合わせは、
漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
まで、お気軽にお問い合わせください。


大山漢方堂薬局
漢方健康相談コーナーへ、クリック!





佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      

医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine



<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp