漢方専門 大山漢方堂薬局 厳選漢方薬
岡山大学医学博士 徳島大学薬学修士 大山博行



Dせきと漢方薬

まず原因をつきとめ、漢方で、早めに対処を!


せきは、気道に異物、ほこり、煙などなんらかの刺激が加わったときに起こる一種の反射運動で、
異物や刺激物を取り除くための防御の役割をしています。

せきには「コンコン」という痰の出ない乾いたせき(乾性咳嗽)と、
「ゴホンゴホン」という痰を伴う湿ったせき(湿性咳嗽)の2つのタイプに分けられます。

乾いたせきは、カゼの初期や急性気管支炎などが疑われます。
長い間せきがつづくときは、肺結核の疑いもあります。
乾いたせきも、つづくと湿ったせきに変わることがあります。
湿ったせきは、かぜや気管支炎の進んだ状態や、肺炎、肺結核、気管支拡張症などが疑われます。
痰が出る場合、痰の量や色、粘りなども、病態を見分ける大事なポイントになります。
症状を抑えることよりも原因に対する治療が大切となります。

咳をしずめる漢方薬?!

漢方では咳と痰だけでなく、全身状態と個人の体質とを診て処方が決まります。

大山漢方堂薬局では、気道の炎症を抑え、気管をうるおし、せきをしずめる作用を持つ「麦門冬湯(ばくもんどうとう)」をはじめ、
「柴朴湯(さいぼくとう)」「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」「金竜(きんりゅう)」、「延寿(えんじゅ)」
「松鶴天与(しょうかくてんよ)」、「起生(きせい)」、「如聖(にょせい)」、「寿量(じゅりょう)」などをお勧めしています。

熱はあるか、のどが痛むかどうか、くしゃみや鼻水を伴うか、
痰が水っぽいか粘り気があるかなど、症状によって薬が違います。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!


せきをほうっておくと?
慢性気管支炎や肺炎、一部は喘息などになる可能性があります。
風邪をひいていないのに咳がでたり、いつまでも続いたりする場合は、
重い病気の前兆の可能性もありますから、要注意です!

 特集:「柴朴湯(さいぼくとう)」=気管支喘息、慢性気管支炎によい漢方薬

くらしの知恵と予防法
なるべく安静を保ち、ガスや灯油ストーブを避け、室内の加湿やこまめな換気を心がけましょう。
また、痰が多く出るせきの場合はとくに、十分な水分をとるようにしましょう。
タバコを吸っていて咳が続く場合には、まずタバコをやめること。
食べ物では唐辛子など刺激物は避けてください。


漢方健康相談のお問い合わせは、:大山漢方堂薬局 0283-22-1574(イゴ・不安・ナシ)


佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      


医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine



<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp