漢方専門 大山漢方堂薬局 厳選漢方薬
漢方薬・鍼灸・東洋医学専門
岡山大学医学博士 徳島大学薬学修士 大山博行


特集:折衝飲(せっしょういん)と不妊症
高プロラクチン血症と東洋医学(漢方薬・鍼灸)
生理痛に効く漢方薬


不妊症に効く漢方薬
「折衝飲」

 この処方は、書物には「妊娠二、三月、血塊を下すを治す」となっています。
 お血によって、下腹部に痛みがある方や、骨盤の中に痛みがある方を治すとなっています。
どちらかというとこの折衝飲は、「於血」による「痛み」を治すことが良く書かれています。
また、妊娠初期の出血や妊娠以外でも婦人の於血による諸症状、月経不順などに痛みを伴うものに良いです。
生薬としては、牡丹皮・川弓・芍薬・桂枝・当帰・桃仁・延胡索・牛膝・紅花となっています。
漢方の先生によっては、「桂枝茯苓丸に当帰芍薬散を合わせ、
延胡索・牛膝・紅花等を加えたもので、血行を良くして補血し、疼痛を抑えるとなっています。
月経痛や、子宮の痛み(内膜症や筋腫などに伴う)、卵管炎などに使われます。
 弓帰調血飲に比べて配合されている生薬の量が多めになり、
活血する力が強くなりますが、「気滞」に対しての配合がありません。
これは元々妊娠中に使用することが前提であったということだと考えていますが、
通常妊娠をしていない婦人に飲んでいただくときには、「気滞」に対しての配慮をした方が効果を期待できると思います。
また、弓帰調血飲と比べて補剤も少なくなっているので、体力的な状態は少し気をつけた方がよいです。
 妊娠中の方に使うのは躊躇われますが、この処方の「妊娠初期の出血を治す」というのは、
最近「不育症」の治療として「血栓防止剤」や「抗凝固剤」を使う意味合いとよく似ています。
これは免疫的な不全により、臍帯や胎盤の血管内で過剰な抗原抗体反応がおこり、
その結果血栓が作られてしまい、胚や初期の胎児の成長に影響が出てきてしまうとか、
子宮内膜から出血を起こすということが不育症の中で割合が多いとされています。
昔の方は経験的に、この処方や桂枝茯苓丸を妊娠中に服用させることがあるのを知っていたのでしょう。
  以上のような良い特徴があり、今まで以上に「於血」の症状に対応しやすくしてくれています。


漢方薬・折衝飲(せっしょういん)は、
このような症状の方々にご服用していただき、よい結果を確認しております。

@月経痛
月経前から痛みがあり月経が始まると和らぐもの、
経血に血塊が混じるものに適している。
当帰芍薬散、桂枝茯苓丸が無効であった症例が軽快する場合もある。
また、月経開始とともに通常月経痛のある期間のみの頓用でも有効が得られており、
鎮痛剤的に用いることも可能と考えられる。

A不妊症
月経痛を強く訴えるもの、性交痛のあるものに適している。

[その他]
婦人科の各種痛みにも応用される。
痛みのほかに月経不順、流産、婦人科疾患術後などの於血症状と、
その慢性化による血虚症状を伴うものに適している。




折衝飲
(せっしょういん)

【牡丹皮(ボタンピ)】 ボタンPaeonia suffruticosaの根皮
【川キュウ(センキュウ)】 センキュウCnidium officinaleの根茎
【芍薬(シャクヤク)】 シャクヤクPaeonia lactifloraの根
【桂皮(ケイヒ)】 Cinnamomum cassiaの樹皮又は周皮の一部を除いたもの
【桃仁(トウニン)】 モモPrunus persica又はP.persica var.davidianaの種子
【当帰(トウキ)】 トウキAngelica acutiloba又はホッカイトウキA.sugiyamaeの根
【延胡索(エンゴサク)】 Corydalis turtschaninovii formayanhusuoの塊茎
【牛膝(ゴシツ)】 ヒナタイノコズチAchyranthesfauriei又はA.bidentataの根
【紅花(コウカ)】 ベニバナCarthamus tinctoriusの管状花

 
折衝飲は「産論」を原典とし、循環障害に用いる桂枝茯苓丸と循環・水分代謝障害に用いる当帰芍薬散を合方し、
利水薬の白朮・茯苓・沢瀉を除き、活血薬の延胡索・牛膝・紅花を加えた処方と考えられます。
また、桂枝茯苓丸と産婦人科疾患の基本処方である四物湯の合方から茯苓・地黄を除き、
延胡索・牛膝・紅花を加えた処方とも考えられ、これは牛膝散の加減方といえます。
主に血流改善・鎮痛作用を気滞して用いられます。
 この処方は、腹痛・下腹部痛・腰痛を伴う月経の異常や子宮および付属器の炎症などに適応します。
 中医学的には下腹部痛および抵抗圧痛、月経不順・月経困難・不正性器出血など(下焦の血於)で,
とくに血於による痛みの強いものと考えられますが、一般的な循環障害(血於)にも用いられます。


折衝飲の特徴

折衝飲は、桃仁・紅花・当帰・川キュウ・芍薬・地黄からなる桃紅四物湯から地黄を除き、
牛膝・牡丹皮・延胡索・桂皮を加えた構成と理解すると記憶しやすい。
その他、活血剤の代表とされる種々の処方を組み合わせて加減した内容と解釈することもできる。
この構成から、いくつかの特徴を挙げることができる。

[活血に特化]:
まず、養血剤の代表とされる四物湯の構成から、
とくに養血の意義を持ち、性質の重い地黄を除いてあることから、
処方の意図が養血よりも活血に比重を置いていることが窺える。
血の運行をスムーズにする為には、地黄などの量的増強を図る養血薬を多く用いると、
血の動きの邪魔になることもあるからである。
地黄をなくすことで、養血の意味合いは芍薬・当帰・紅花に僅かに含まれる程度となり、
活血に特化した構成であることが本剤の一つの特徴といえる。

[理気止痛]:
次に延胡索・桂皮・紅花が配合されることで、
理気の作用を介して止痛への配慮を強めている特徴を持つ。
活血そのものが止痛に作用するのはもちろんであるが、気を巡らせることによって、
脹痛などの気滞による痛みを軽減できるだけでなく、気の誘導により陰血の働きはさらに効率がよくなり、
血於による痛みも軽減する。また、気に働きかけることによって、止痛の効果を迅速に発現することが期待できる。
延胡索は活血と共に、肝、脾のほか肺にも帰経するともいわれ、肺気を介して気分に入り、行気に優れるため、
止痛効果が高い。桂皮は活血に加えて、温陽通路して経絡の気血の通行を順調にするため、
止痛に作用する。紅花は大量に用いると辛温の性質のために発散性が強く現れて破血通経に作用し、
少量用いると和血養血の作用が血海を潤して○肝するため、肝気が暢びやかになり、腫脹を解消して止痛する。

[温の性質]:
牡丹皮・芍薬にやや寒性が見られるだけで構成生薬の大半が温性である特徴を持つ。
しかし、桂皮を除いては積極的に温めるという程の構成ではなく、血が巡るのに有利な温性の条件を提供すると考えるとよい。
このことは、冷えや陽虚を原因とする血於の病態に適していることはもちろんだが、強すぎない温性のため、
多少の熱証の血於に対してもその熱証を強めることなく、活血を効率よく行う条件を与え、
あらゆる血於の病態に対して迅速な効果を期待することができる。
痛みを伴う血於の場合、不通則痛の原則からいえば通じさせるためには動きが必要であり、
涼性に偏らず、穏やかな温性を持つ活血剤は止痛を目的として使いやすいといえる。

[昇降理血]:
一般に本剤は下腹部の血於に適応するように表現されるが、
活血作用のベクトルを見ると昇降のバランスがとれており、必ずしも下焦にのみ対象を限定する必要はない。
川弓・桂皮・紅花は血を上方に導き、牛膝・桃仁・芍薬は下方に導くと考えることができる。
このことにより、陰血は全身を巡り、身体随所に見られる血の滞りを解消することに役立つと考えられる。

[通便作用]:
活血剤には大黄が含まれることが多いが、時にその作用が強すぎたり、便秘がない症例には使いにくかったりする。
本剤は大黄が含まれていないことも一つの特徴であるが、桃仁・紅花・当帰に潤腸作用があるので、
便秘のある症例にも穏やかな通便作用を期待することができる。
また、延胡索による肺気の調節によって○降が順調になり、腸の動きが整えられる機序も期待できる。

適応と注意点


折衝飲は、以上の特徴から迅速な活血止痛の効果が期待できるので、
慢性的な血於の根本的な解決だけでなく、血於による急性の痛みに対して、
頓服的もしくは短期的な服用法で即効性を期待することもできる。
寒邪や陽虚を背景とするものに適しているが、寒熱にかかわらず用いることができる。
 見方を変えると、血於の原因を解消する生薬をあまり含まず、
血を強制的に動かそうとする標治的な方剤と位置づけることもできる。それゆえ血於の原因に応じて、
補陽剤、理気剤など種々の方剤と組み合わせて用いることが効果をより高めると考えられる。
 養血の生薬が少ないことから、本剤は血於によって血が実質的に滞る状態に適している。
動きを盛んにさせる働きかけは、流れの本体が不足している状態では、
いわゆる空回りの状態になり、機能失調を引き起こすことがある。
したがって、血虚を背景とする病態には養血薬を併用するか、単独での使用は慎重に行うことが望ましい。
 また、血於を生じる病態では津液も滞りやすいので、活血の目的でも利湿を必要とすることが多い。
本剤は利湿の生薬を含まず、燥性の生薬も少ないことから、
病態によっては効果を高めるために利湿薬を併用することが望ましい。
 こうした他剤との併用や注意点を意識することで、あらゆる血於の病態に対して効果的な活血作用をもたらす核となる方剤として、
本剤の応用範囲は広いと考えられる。


折衝飲の構成生薬解説

折衝飲は、補血活血、健脾利水、調経止痛の薬能を持つ当帰芍薬散と活血化於、消チョウの桂枝茯苓丸の合方から、
健脾利水を担う白朮・茯苓・沢瀉を除いて、活血薬の延胡索・牛膝・紅花を加えており、活血化於を強め、
さらに理気止痛の薬能を加えた構成になっています。または、補血活血、調経の四物湯と桂枝茯苓丸の合方から、
滋陰補血の地黄および利水の茯苓を除き、延胡索・牛膝・紅花を加えた構成ともなっています。
つまり構成生薬の大半が活血薬であり、これらの生薬は現代薬理学的に、
血管拡張、鎮痛、抗炎症、子宮収縮調節、抗凝固作用などを有しています。

処方鑑別

折衝飲は、桂枝茯苓丸に準じて応用されますが、血流改善、鎮痛作用が強められており、
女性の微小循環障害による腹痛、骨盤腔内の疼痛、腰痛などの痛みのあるものを目標に、
妊娠、出産、月経時の異常や不調に用いられます。

折衝飲の臨床応用例

折衝飲は、このような症状の方に応用されています。
[月経痛]月経前から痛みがあり月経が始まると和らぐもの、経血に血塊が混じるものに適している。
当帰芍薬散、桂枝茯苓丸が無効であった症例が軽快する場合もある。
また、月経開始とともに通常月経痛のある期間のみの頓用でも有効が得られており、鎮痛剤的に用いることも可能と考えられる。
[不妊症]月経痛を強く訴えるもの、性交痛のあるものに適している。
[その他]各種痛みにも応用される。
痛みのほかに月経不順、流産、婦人科疾患術後などの於血症状と、その慢性化による血虚症状を伴うものに適している。


特集:折衝飲(せっしょういん)と不妊症
高プロラクチン血症の女性によい漢方薬



特集:折衝飲(せっしょういん)と不妊症
高プロラクチン血症の女性によい漢方薬


(注意) 女性の不妊症、高プロラクチン血症、月経痛、月経不順などに、
上記、「折衝飲(せっしょういん)」を、1ヶ月服用して、効果なしの患者さんには、
大山漢方堂薬局 「調合漢方薬(オーダーメイド)」をお勧めします。
お気軽にお電話ください。0283-22-1574 



付録・@月経痛、A不妊症
鍼灸ツボ療法

「月経痛」
によいツボ

生理痛や月経不順は、女性特有の大きな悩みです。
下腹の張りや痛み、頭痛、肩こり、腰痛、のぼせ、
足の冷えなど、症状は人によってさまざま。
一般に月経の周期は25〜36日以内といわれていますが、
この範囲を超えて短かったり長かったりしたら、注意が必要です。
そうした方は、気軽にできるツボ療法をまず試してみてください。




生理痛をやわらげる鍼灸ツボ療法

腰の第二仙椎棘突起下から左右に指四本分のところにある「胞膏」は、
特に子宮をつかさどるツボとして婦人病治療には欠かせません。
さらに、へその真下指二本分下がったところにある「気海」
と指六本分下がったところにある「中極」も、
婦人病によく効くツボです。
また、ひざ上の内側のくぼみ上端の「血海」、
内くるぶしから上へ指四本分「三陰交」も月経周期を整え、
整理に伴う不快な症状を緩和する働きがあります。

「生理痛の重要ツボ」
気海(きかい)、中極(ちゅうきょく)、胞膏(ほうこう)、
血海(けっかい)、三陰交(さんいんこう)



「不妊症」によいツボ

巷間、「子宝に恵まれる」という言葉は耳にしますが、
望んでいても「恵まれない」ケースもあるのでは。
そんな時、鍼灸ツボ療法が効果的です。




不妊症に効果的な鍼灸ツボ療法


不妊症は、婦人科臓器に支障がない限り、
一般的に言って虚弱体質や冷え性の方に多いようです。
頭がのぼせて足が冷える、といった症状には、
背中の第四胸椎棘突起の下から左右指四本分の場所「膏肓」、
手首甲側の関節の中央「陽池」、
足のうちくるぶしから上へ指四本分「三陰交」などのツボがもってこい。
このほか、婦人科の病気に対しては、腰に位置する「三焦兪」、「胞膏」、
へそから指四本分下の「関元」などが有効。
しかし、不妊症においては、精神的な状態も大事な要素のひとつとして考える事ができます。
日常生活のうえでの“ツボを押さえる”ことも重要なことではないでしょうか?

「不妊症の重要ツボ」
壇中(だんちゅう)、関元(かんげん)、三陰交(さんいんこう)、膏肓(こうこう)、
三焦兪(さんしょうゆ)、胞膏(ほうこう)、陽池(ようち)



「赤ちゃんが欲しい方へ」
病院でできる不妊治療以外にも、
東洋医学(漢方薬・鍼灸)でできる効果的な治療法があります。
大山漢方堂薬局に、ご相談ください!
Tel: 0283-22-1574




「赤ちゃんが欲しい方へ」
病院でできる不妊治療以外にも、
東洋医学(漢方薬・鍼灸)でできる効果的な治療法があります。
この機会に、是非、大山漢方堂薬局に、ご相談ください!
Tel: 0283-22-1574

病院でできる不妊治療以外にも、東洋医学(漢方薬・鍼灸)でできる効果的な治療法があります。
大山漢方堂薬局は、栃木県佐野市にある、ごく普通の薬局ですが、全国の方々から高い評価を頂き、
これまでに、150人以上の方が、妊娠に成功しています。大山漢方堂薬局のハイレベルな調合漢方薬で、「妊娠する力」が、飛躍的に高まり、
結果として、精一杯努力していても、なかなか妊娠できなかった、ご夫婦の妊娠率が高まり、妊娠に成功しています。
過去に、漢方薬、鍼灸治療を、お試しになった方も、ぜひ、一度、ご相談ください。Tel: 0283-22-1574(大山漢方で、イゴ(不安)ナシ)
大山漢方堂薬局が選ばれる3つの理由
@最先端の東洋医学(漢方薬・鍼灸)の手法を用いた不妊治療の実施
スペシャリストがじっくりと個別相談(完全予約制)して、最適な治療法を選択、実施。
A多くの治療経験と実績による、妊娠できる身体づくり
患者さん、一人一人に合わせた、ハイレベルな調合漢方薬、タイミングに合わせた鍼灸ツボ療法の二本立てで、
妊娠に不可欠な生体エネルギーに満ちた身体づくりを徹底的にサポート。
ホルモン・自律神経・代謝・免疫のバランスを整え、妊娠できる心体を作ります。
その結果、心と体の悩みを解消、ストレスのない不妊治療で、妊娠、出産に成功しています。
B高い妊娠率が、あなたを必ず良い方向に導きます。
調合漢方薬服用2年以内(タイミングに合わせた鍼灸ツボ療法実施)で、約80%の方が妊娠に成功しています。
大山漢方堂薬局では、病院における不妊治療や、その他の漢方薬、鍼灸治療でも妊娠できなかった方々からも、お喜びの声をいただいております。
「元気な赤ちゃんを生み出す、バランスのとれた心体づくり」を、今日から始めませんか!?
Tel: 0283-22-1574(大山漢方で、イゴ(不安)ナシ)


赤ちゃんがほしくてもなかなか妊娠できずに悩んでいるご夫婦はたくさんいます。人によって妊娠のしやすさは違いますが、

赤ちゃんがほしくてもなかなか妊娠できずに悩んでいるご夫婦はたくさんいます。人によって妊娠のしやすさは違いますが、
なかなか妊娠できない方は、大山漢方堂薬局の調合漢方薬で、不妊体質を改善し、妊娠しやすい環境を作り、体が変化したところで、
排卵日検査薬で、性交渉のタイミングを計り、この前後に、受精、着床、妊娠しやすくする鍼灸経絡ツボ療法を実施する。これが東洋医学の不妊治療の王道です。
@受精(精子を受け入れ)やすくする、 A着床しやすくする
(精子と卵子が受精して誕生した受精卵が、子宮の内側にある子宮内膜に根付きやすくする)

解説
精子と卵子が受精して誕生した受精卵が、子宮の内側にある子宮内膜に根づくのが「着床」。受精してから着床するまでの時期が「着床期」。
排卵された卵子は、子宮を目指して卵管を移動する。このタイミングで射精された精子は、卵子を求めて卵管を進んでいく、
卵管で出会った精子と卵子が受精すると、受精卵は7〜10日ほどかけて細胞分裂を繰り返しながら子宮へたどり着く、
子宮内に着いた受精卵(胚)は、子宮内に浮かびながら成熟し、子宮内膜に着床するチャンスをうかがい、うまいタイミングで子宮内膜に着床する。

妊娠しない理由
性交渉のタイミングが悪いために精子と卵子が出会えていない→排卵日検査薬を用いてタイミングを合わせる。
排卵のタイミングに合わせているのに着床が起こらない場合→なんらかの着床しにくい原因がある。
@卵子の質が低下している=受精卵の細胞分裂がうまく進まず胚盤胞に成長できない。(生体エネルギー不足)卵子の質を上げることで、妊娠しやすくなる)
A受精卵になっても着床するだけのパワーがない。(生体エネルギー不足)
B受精卵に問題がなくても、受け入れる子宮内膜が十分に育っていない(生体エネルギー不足)
@ABを「着床障害」というが、女性ホルモンの分泌異常、子宮筋腫や子宮内膜症などの器質的障害
子宮筋腫、子宮内膜症の患者さんも、大山漢方堂薬局調合漢方薬服用で、症状改善、悪化せず、そのままの状態で、普通に妊娠、出産しています。

解決法
@漢方薬で、卵子の質を上げることで妊娠しやすくなる。(よい卵子を作る)
A着床しやすい子宮内膜は、血の巡りがよく、血流量が多い状態が良い。(酸素と栄養分を運ぶ)
そのためには、漢方薬、鍼灸経絡ツボ療法で、下腹部(女性生殖器部位=膣、子宮、卵管、卵巣)の血行をよくするのが効果的。

女性生殖器の解説
精子は生殖路を上っていき、卵子は生殖路を下っていく、まずは、漢方で生殖路の環境を整えることが一番=不妊体質改善
@膣(産道の一部):性交時には精子が放出される場所であり、出産時には胎児が出ていく経路となる。
A子宮:受精卵が胚から胎児へと成長していく場所。
B管:精子が卵子と出合い、受精が起こる場所。
C卵巣:卵子が作られて放出される臓器。

東洋医学(漢方薬・鍼灸)で、ホルモン、自律神経、代謝、免疫のバランスを整え、妊娠の大敵である様々なストレスを軽減、解消して、
心体をリラックスさせ良質な睡眠をとる(睡眠の質を上げる)=細胞は夜眠っている間に修復される、
卵子の老化を防ぎ、質を高めるためには、東洋医学で副作用なく睡眠の質を上げることが大切。
また、「メラトニン」という睡眠ホルモンが、痛んだ細胞を修復し卵子を酸化から守る。
つまり、漢方で、メラトニンの分泌を活性化すれば睡眠の質が高まり、卵子の質も高まる。

東洋医学(漢方薬・鍼灸)で、「於血」「血の道症」「冷え性」を改善(冷え性改善は東洋医学の得意とするところ、一番です。)
女性に多い冷え性は、卵子の質を悪化させる。特に下腹部の冷えは、子宮への血行を妨げる。
*禁煙する=タバコには数千種類の有害化学物質が含まれていて、喫煙すると血管が狭くなり、血流が悪くなる、
またタバコの毒性が残っている間は卵子の質もさがる。赤ちゃんが欲しい方は、できるだけ禁煙することをお勧めします。
東洋医学(漢方薬・鍼灸)の効果が出にくくなることもある。
また、血流がよくなると、卵巣から出るホルモンの分泌や子宮内の環境も改善する。
さらに、不妊や子宮内膜症の悪化原因である化学物質(ダイオキシンなど)は、悪い生活習慣で体内に蓄積され、そのままにしておくと卵子の質が劣化する。
このような有害物質を、東洋医学(漢方薬・鍼灸)で、代謝を上げ、免疫機能を強化することで、体の外に排出させる
(体内浄化、腸内浄化、腸内環境を整える、デトックス)を成功させるとよい。
卵子の質を高め、着床しやすい子宮内膜を作るには、東洋医学の手法(漢方薬、鍼灸、経絡ツボ療法)を積極的に取り入れて、
早期から全身の良い状態を保ち継続していくことが重要である。


大山漢方堂薬局、大山鍼灸院に、訪れる人々(こんなお客様が、ご相談に訪れます。)
@不妊体質改善=月経の状態に不安、妊娠を維持する体力がない、冷え性体質改善、卵子の質が悪い、着床力弱い、年齢的な衰え
A病院の不妊治療と東洋医学(漢方薬・鍼灸)を併用したい=不妊治療の成果を高める、体力増強維持、体調を良くする(副作用に負けない)、早く妊娠したい、
B病院の不妊治療に抵抗がある=自然妊娠を希望する、ホルモン剤等、病院の薬(副作用)に抵抗がある、安心して東洋医学(漢方薬・鍼灸)を始めたい、
以前に漢方薬・鍼灸治療を試したがうまくいかなかった、男性不妊(強精、補腎、精命力アップ)体質改善、スペシャリストにじっくりと相談したい、他

大山漢方堂薬局、大山鍼灸院に、全国からたくさんの人の、お喜びの声をいただいております。
@あきらめかけていましたが、大山先生の言葉で前向きな気持ちになりました。今は幸せ一杯です。(42歳、広島県、漢方薬)
A3ヶ月であんなに乱れていた生理が整い、6ヶ月で妊娠できました。(35歳、福島県、漢方薬)
B夢にも思いませんでした!1人目、6ヶ月で妊娠、2人目、1ヶ月で妊娠、本当に効果に驚くばかりです。(36歳、栃木県、漢方薬、鍼治療併用)
C41歳で、何のトラブルもなく自然妊娠、自然分娩、先生には感謝の気持ちでいっぱいです。(41歳、群馬県、漢方薬、鍼治療併用)
D長崎県の遠方ですが、丁寧な電話相談で、安心して漢方を服用できました。服用10ヶ月で妊娠できました。(32歳、長崎県、漢方薬)
E体外受精を3回しましたがうまくいきませんでした。漢方薬服用後、1回で成功しました。(34歳、埼玉県、漢方薬、鍼治療併用)
F夫婦ともに何も問題ありませんでしたが、3年間子宝にめぐまれませんでした。タイミング前後の鍼治療(経絡、ツボ療法)で、
あっさり妊娠しました。本当に夢みたい、驚きました。二人目もお願いします。(27歳、茨城県、鍼治療のみ)
G私自身、看護師の仕事をしていましたが、病院の不妊治療で妊娠できませんでした。心体を休めるつもりで漢方薬を8ヶ月服用、
元気も出てきたのでタイミング時に鍼治療を受けたところ、その月に妊娠できました。安産でした。1年間お腹を休め、
2人目は、漢方薬服用3ヶ月で妊娠、もちろん安産です。今では東洋医学大好き人間になりました。(39歳、栃木県、漢方薬、鍼治療併用)
H遠方で、少し不安もありましたが、意外とおいしい漢方薬だったので、毎日欠かさず服用できました。6ヶ月服用で妊娠に成功しました。(36歳、沖縄県、漢方薬)
I20代から不妊症と戦い続け、ついに東洋医学(漢方薬・鍼治療、経絡ツボ療法)で妊娠、無事に出産できました。
大山漢方堂薬局さんで、あきらめないことを教わりました。(37歳、神奈川県、漢方薬、鍼治療併用)、続く


お問い合わせは、
漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
まで、お気軽にお問い合わせください。

大山漢方堂薬局
漢方健康相談コーナーへ、クリック!





佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      

医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine



<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp