こころの健康相談
@うつ病 Aパニック障害 Bストレス

こころの健康相談室@ うつ病

うつとは、どんな病気ですか?
 日常的なストレスからくる悲しみや、不安、むなしさといったゆううつな気分や無気力は誰しもが経験するものです。
うつ病とはこうしたこころの状態が長期間回復せず、日常生活に支障をきたしてしまう病気です。
からだの変調として倦怠感、不眠、食欲不振などの症状もあらわれます。
 世界保健機関(WHO)では、うつ病の患者さんの数を世界人口の約3%、1億人以上と概算しています。
これを日本にあてはめると約360万人。
この数字がしめすとおり、うつ病はごく一般的な病気で、決して特別なものではありません。
うつ病は単に気の持ちようで起こるものではありません。
ストレスなどによりセロトニンやノルアドレナリンといった脳内の神経伝達物質の働きが悪くなることによって起こると考えられています。

症状は、気分の落ち込み ものごとが決められない やる気が出ない 眠れない 息切れなど 
体がだるい、疲れやすい 食欲がない 腰痛 性欲がおちる 頭痛 胸がドキドキする 胃のもたれ 便秘
 患者さんによって症状の種類やあらわれ方、進行はまちまちです。
このため、ついそのまま放っておいたり、単なる“疲れ”として処理しがちに。
また、発病にさえ気づかないことも…。そうなると病状をさらに悪化させてしまうことになりまねません。

 うつ病の治療で一番大切なことは休養です。
こころとからだをゆっくり休めましょう。
また、薬による治療も行ないます。
うつ病の場合、脳内の神経伝達物質のはたらきが悪くなっています。
抗うつ薬*とはそれをおぎなう薬です。
さいきんではSSRIという新しいタイプの抗うつ薬も使われるようになってきました。
*抗うつ薬とは、うつ病で減少しているといわれる脳内の神経伝達物質を増やす薬です。

継続することが力になります。
 抗うつ薬は、飲みはじめて数日たってから徐々に効きはじめ、1〜4週間のうちに次第に効果があらわれてくるのが特徴です。
カゼ薬や胃薬とはちがいますから、すぐに効果があらわれないからといって、勝手に服薬を中止しないでください。

Q&A
Q.うつ病になりやすい人っているのですか?
 うつ病は誰でもちょっとしたきっかけでかかるありふれた病気です。
ただし、自分よりも他人や仕事のことを優先させる、几帳面でまじめ人がなりやすいともいわれます。
こうした人は義務感、責任感が強いため、多くのストレスをダイレクトに受けとめ、こころにも負担がかかりやすいようです。
Q.抗うつ薬と市販のカゼ薬を一緒に飲んでも大丈夫ですか?
 市販のカゼ薬を一緒に飲むとよくないということは特にありません。
しかし、念のため医師か薬剤師に相談してください。
Q.症状が良くなったら、薬を飲まなくても良いのですか?
 症状が良くなっても、再発予防のために、ある程度服用を続けてから、徐々に薬の量をへらしていく必要があります。
ですから、自分の判断で服用を中止してはいけません。
Q.生活上、どのような点に注意すればいいですか?
 からだとこころをゆっくり休めることが大切です。
また、うつ病の場合、判断力が低下することがありますから、
とっさの判断をしなければならない作業や、物事をあせって解決するようなことはさけるのが無難です。


こころの健康相談室A パニック障害

パニック障害とは?
 突然、激しい不安に襲われ、胸がドキドキしたり、息が苦しくなったり、めまいがしたりする発作を「パニック発作」といいます。
このような発作が繰り返し起こる病気です。100人中1〜2人にみられます。

他の病気と間違われやすい病気です
 動悸や息苦しさのため、心臓の病気(不整脈、狭心症)や呼吸器の病気(喘息、過換気症候群)などと思ってしまうことがあります。
しかし、検査をしても異常が現われないのもこの病気の特徴の1つです。

なぜ起こるの?
 パニック障害は単に気のせいで起こるのではなく、脳内の神経伝達物質のバランスが乱れることによって起こると考えられています。

治りますか?
 きちんと治療すれば治ります。
薬物療法と薬を使わない治療があります。

症状は
パニック発作の主な症状
パニック発作時には、次のような症状がみられます。発作が繰り返して起こります。
 死ぬのではないかと思うほどの恐怖感 息がつまる 身ぶるいや手足のふるえ めまい 吐き気 胸(心臓)がドキドキする

発作をきっかけに、不安が重なっていく
 パニック発作が何回も起こると、「また発作が起こるのではないか」、「外出先で発作が起きたらどうしよう」
などという不安が強くなっていきます。
そのために、以前発作が起きた場所や、電車の中など発作が起きたときに逃げられないところを避けるようになります(回避行動)。
そのために日常生活がスムーズに送れなくなります。
ゆううつな気持ちがつづくこともあります。

パニック障害と診断されたら
 パニック障害は気のせいや、性格の問題ではなく、身体的に原因のある病気です。
治療によって治りますから、できるだけ早期に、そして適切な治療をつづけることが大切です。

パニック障害を乗りこえるために
1.自分の病気をよく知る
 自分の病気を知り、積極的に治療に取り組みましょう。
2.パニック発作を恐れないこと
 パニック発作はとてもつらいものですが、決して死ぬことはありません。
3.発作は必ず去ることを忘れずに
 発作は数分で必ずおさまります。必要以上に恐れないようにしましょう。
4.医師の指示をしっかりと守りましょう
間違った判断で治療を中止すると、病気が長引いたり、再発につながります。

治療は
まず、薬でパニック発作をコントロール
 パニック発作を抑えるために、脳内の神経伝達物質のアンバランスを調節する抗うつ薬が用いられます。
新しいタイプの抗うつ薬としてSSRIという薬が登場しました。
副作用が少ないため、よく用いられるようになりました。
また、抗不安薬と呼ばれる薬が使われることもあります。

薬の効果はゆっくりと現われます
 パニック障害の治療薬は、飲みはじめて数日してから効きはじめ、1〜4週間するとはっきりと効果があらわれてきます。
根気よく薬をつづけることが必要です。

パニック発作が起こらなくなったら…
 薬物療法により、パニック発作がもう起こらないことを実感したうえで、
それまで避けていた状況や場所に徐々に挑戦してもらう治療(エキスポージャー療法)を行ないます。

Q&A
Q.生活上、どのような点に注意すればいいですか?
 薬を飲んでいる間も、普通に日常生活を送ってください。
ただし、カゼをひいたり、カフェイン飲料をとりすぎるとパニック発作が起きやすくなりますので注意しましょう。
Q.患者への接し方で家族が気をつけることはありますか?
 パニック障害は気のせいで起こるのではなく身体的な病気であることを理解し、温かく見守ってあげることが大切です。
パニック発作が起こったときは、そばにいて安心感を与えるようにしてあげてください。
適切な治療によって治りますので、家族の方もあせらずじっくりとバックアップしましょう。
Q.どのくらいの間薬を飲まなければならないのですか?
 すっかり症状がとれるのに、3〜6ヵ月間かかりますが、ここで薬をやめてしまうと、症状がぶりかえすことが多いので、
さらに数カ月〜1年間は飲みつづける必要があります。
Q.パニック障害の薬には、どんな副作用がありますか?
 薬の種類によって、口が渇く、便秘する、吐き気がするなどの副作用があらわれることがあります。
吐き気は、飲みはじめて数日たつとなくなります。
いずれも症状は軽いのですが、心配な場合は先生に相談してください。

こころの健康相談B ストレスが気になる

ストレスが気になる方へ
 ストレス社会といわれる現代では、ゆううつな気分になったり、からだに変調を感じても、単なる“疲れ”として見過ごしてしまいがちです。
しかし、中にはただの疲れではなく、こころの健康相談が必要な場合もあります。
あなたのこころは元気ですか?

ストレスをためすぎていませんか?
 ちょっとした環境の変化、時には他人から見れば喜ばしいことが本人にはストレスになることがあります。
こうしたストレスが多くなると、こころやからだに変調があらわれることも・・・。
そして、それがさらにひどくなれば、軽症うつ病などにかかってしまうケースもあります。

きっかけとなるできごと
 身体的なダメージに対する不安 -病気やけがなど
 失うことのむなしさ -子どもの結婚(独立)、更年期、失業、退職
 別れることの悲しみ -家族や友人の死または離別、失恋など
 環境の変化に対するプレッシャー -結婚、出産、転校、就職、受験、転勤、昇進など

こんな症状見過ごしていませんか?
 軽症のうつの症状はさまざまですが、誰もが経験したことのある身近なものばかり・・・。
こころとからだは密接につながっています。
いつまでもとれないゆううつな気分やからだの変調を、単なる疲れと見過ごさないでください。

うつの症状
・眠れない、朝早く目が覚める
・やる気が出ない
・頭痛がする
・気分が落ち込む
・息苦しさを感じる
・何をしても楽しくない
・肩こりがする
・食欲がない
・からだがだるい、疲れやすい
・性欲が落ちる


うつの自己チェック
こんなこと、気になりませんか?
           ○=はい ×=いいえ △=どちらともいえない
○×△
□□□  1.いつもより早く眼が覚める
□□□  2.朝起きた時、陰気な気分がする
□□□  3.朝いつものように新聞、テレビを見る気にならない
□□□  4.服装や身だしなみにいつものように関心がわかない
□□□  5.仕事にとりかかる気になかなかなれない
□□□  6.仕事にとりかかっても根気が続かない
□□□  7.決断がなかなかつかない
□□□  8.いつものように気軽に人に会うことができない
□□□  9.なんとなく不安でいらいらすることがよくある
□□□ 10.これから先やっていく自信がない
□□□ 11.「いっそのことこの世から消えたい」と思うことが最近よくある
□□□ 12.テレビがいつものようにおもしろくない
□□□ 13.さびしくて誰かに傍らにいてほしいと思うことが最近よくある
□□□ 14.涙ぐむことが多い
□□□ 15.夕方になると気持ちがラクになる
□□□ 16.頭が重かったり痛んだりする
□□□ 17.性欲が最近は落ちている
□□□ 18.食欲も最近は落ちている 

質問の中で「はい」の数が多いほど、うつの可能性が高いと考えられますが、
少ないからといってうつではないとはいえません。


お問い合わせは、
漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
まで、お気軽にお問い合わせください。


大山漢方堂薬局
漢方健康相談コーナーへ、クリック!





佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      

医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine



<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp