漢方薬専門 大山漢方堂薬局 厳選漢方薬 岡山大学医学博士 徳島大学薬学修士 大山博行

  

大山漢方堂薬局 特集:
漢方の得意な病気と症状 !!!


  @こむらがえりと漢方薬=ひどい痛みも、漢方で解決!

  A腰痛と漢方薬=体の中心を、漢方で守ろう! 

  B花粉症、アレルギー性鼻炎と漢方薬=つらい日々を、漢方でさよなら!

  C便秘と漢方薬=漢方で、おなかもすっきり、心も体も絶好調!

  Dせきと漢方薬=まず原因をつきとめ、漢方で、早めに対処!

  E肥満症と漢方薬=漢方で、お腹のぜい肉をスッキリ!

  F頭痛と漢方薬=日本人の三人に一人が頭痛をもち、頭痛に効く漢方薬!

  Gかぜと漢方薬=かぜは万病のもと、漢方で、しっかり対処を!

  H冷え症と漢方薬=病は冷えから生じる!冷え症を治すのは、漢方の独断場!

  I男性のストレス病と漢方薬=ストレスシャワーから、漢方で心身を守る!

  J女性のストレス病と漢方薬=漢方で、ストレスへの抵抗力を身につける!

  Kめまいと漢方薬=平衡感覚の崩れで、めまいが起こります。めまいに効く漢方薬!

  L排尿困難と漢方薬=漢方で、ゆううつなトイレを快適に!

  M変形性膝関節痛と漢方薬=女性に多い膝の痛みを、漢方ですっきり!

  N頻尿と漢方薬=がまんせずに、漢方相談してください!

  O月経前緊張症と漢方薬=月経前の不快な症状も、漢方ですっきり!

  P更年期障害と漢方薬=本来の自分を取り戻して、漢方で楽しい毎日を!

  Q体力増強と漢方薬=漢方で、基礎体力をしっかりつけて、元気に夏を乗り切ろう!

  Rお年寄り(高齢者)のかぜと漢方薬=漢方薬で抵抗力をつけることが大切です!

  S虚弱体質と漢方薬=漢方で基礎体力をつける!

  21) 高血圧と漢方薬=漢方で、血圧を安定させて、快適な生活をおくろう!

  22)皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)と漢方薬=かゆみを止める漢方薬!

  23)不眠症と漢方薬=漢方でぐっすり眠れる!

  24)胃の不快な症状と漢方薬=漢方で、丈夫なおなかに!

  25)不妊症と漢方薬=漢方で妊娠しやすい環境を作る!

  26)体力回復と漢方薬=生体防御システムと体力強化!



注意)上記漢方薬を2週間服用しても効果に満足できない場合は、大山漢方の調合漢方薬(オーダーメイド)をお勧めします!
大山漢方堂薬局に、一度、お電話ください。
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)


佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      


医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine



<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp

                                      


 1)こむらがえりと漢方薬=ひどい痛みも、漢方で解決!

 2)腰痛と漢方薬=体の中心を、漢方で守ろう!

 3)花粉症、アレルギー性鼻炎と漢方薬=つらい日々を、漢方でさよなら!

 4)便秘と漢方薬=漢方で、おなかもすっきり、心も体も絶好調!

 5)せきと漢方薬=まず原因をつきとめ、漢方で、早めに対処!

 6)肥満症と漢方薬=漢方で、お腹のぜい肉をスッキリ!

 7)頭痛と漢方薬=日本人の三人に一人が頭痛をもち、頭痛に効く漢方薬!

 8)かぜと漢方薬=かぜは万病のもと、漢方で、しっかり対処を!

 9)冷え症と漢方薬=病は冷えから生じる!冷え症を治すのは、漢方の独断場!

10)男性のストレス病と漢方薬=ストレスシャワーから、漢方で心身を守る!

11)女性のストレス病と漢方薬=漢方で、ストレスへの抵抗力を身につける!

12)めまいと漢方薬=平衡感覚の崩れで、めまいが起こります。めまいに効く漢方薬!

13)排尿困難と漢方薬=漢方で、ゆううつなトイレを快適に!

14)変形性膝関節痛と漢方薬=女性に多い膝の痛みを、漢方ですっきり!

15)頻尿と漢方薬=がまんせずに、漢方相談してください!

16)月経前緊張症と漢方薬=月経前の不快な症状も、漢方ですっきり!

17)更年期障害と漢方薬=本来の自分を取り戻して、漢方で楽しい毎日を!

18)体力増強と漢方薬=漢方で、基礎体力をしっかりつけて、元気に夏を乗り切ろう!

19)お年寄り(高齢者)のかぜと漢方薬=漢方薬で抵抗力をつけることが大切です!

20)虚弱体質と漢方薬=漢方で基礎体力をつける!

21)高血圧と漢方薬=漢方で、血圧を安定させて、快適な生活をおくろう!

22)皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)と漢方薬=かゆみを止める漢方薬!

23)不眠症と漢方薬=漢方でぐっすり眠れる!

24)胃の不快な症状と漢方薬=漢方で、丈夫なおなかに!

25)不妊と漢方薬=漢方で妊娠しやすい環境を作る!

26)体力回復と漢方薬=生体防御システムと体力強化!



佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      


医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine



<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp