アルツハイマー病に有効
漢方薬、加味温胆湯加味方(かみうんたんとうかげんぽう)

 漢方処方「加味温胆湯(カミウンタントウ)」は、漢方医学の古典 『万病回春(まんびょうかいしゅん)』 に記載されています。
病中病後の不眠症や精神神経症状を改善する漢方処方として紹介されています。

第50回東洋医学会において、「アルツハイマー病患者に対する加味温胆湯の臨床効果」と題した研究発表が、東北大学・北里大学の共同研究として報告された。
アルツハイマー病(AD)の入院患者、年齢、61歳から85歳までの男女20人、投与期間、5か月から13か月。
新薬(西洋薬)のAD治療薬の投与を中止し、加味温胆湯、単独で1日2回、煎じ薬として投与した。
結果は、副作用は全くなし、著効は、2例 有効は、5例と発表された。
著効・有効と判断された患者は、情動面で、自発性・注意力などの改善がみられた。
数例は、数日で著名な情動面での改善がみられたと発表された。
結論的には、アルツハイマー患者の易怒性、切迫感、焦燥感に有効と報告された。

(東北大老年科の荒井啓行氏らと北里研究所東洋医学総合研究所の共同研究の結果)
 漢方薬「加味温胆湯」と女性ホルモン,抗炎症薬,ビタミンEによる4者併用療法が、アルツハイマー病の進行を遅らせる可能性があると発表。
研究グループは、漢方薬の加味温胆湯(煎じ薬)1日2回と、エストロゲン(0.625〜1mg/日)、抗炎症薬ロキソプロフェン(180mg)、
α-トコフェロール(ビタミンE,600〜1200mg)の4者を併用した治療群6人と、対照群32人を平均1年間経過観察し、
認知機能の指標であるミニメンタルステート検査(MMSE)スコアの年変化を比較した。
その結果、MMSEの年変化は、対照群で4.1ポイント低下したのに対し、治療群では0.4ポイントの低下にとどまり、
治療群のアルツハイマー病の進行抑制効果が有意に高い(p<0.01)ことがわかった。

 漢方処方「加味温胆湯」は,古くから精神神経科領域(不眠や神経症の治療)で使用されてきた漢方薬である。
有効成分を検索した結果,その構成生薬の「遠志(おんじ)」に,
アルツハイマー病におけるコリン系機能消失を補う強いコリンアセチルトランスフェラーゼ活性が認められたという。
また,エストロゲンや抗炎症薬,ビタミンEにはそれぞれ,アルツハイマー病の進行を遅らせたり発症を予防する効果があるとする研究報告もある。
(参考文献:平成11年8月号 日経メディカル P23)

 アルツハイマー病に「加味温胆湯」を応用して効果を上げている例がTV放映されたため、
「どんな漢方薬なの?」「値段は?」という問い合わせが多く寄せられています。


お問い合わせは、
漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
まで、お気軽にお問い合わせください。


大山漢方堂薬局
漢方健康相談コーナーへ、クリック!





佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      

医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine



<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp