特集:活性酸素と漢方薬


活性酸素とは?

 私たちは生命活動の基本として、呼吸をします。
呼吸によって取り入れられた酸素は、体内で消費される(エネルギーを生産する)過程で、活性酸素を発生させます。
活性酸素は、ある程度体内に必要で、侵入してきた細菌を殺したり、酵素反応に有効な働きをしますが、多すぎると有害物質になります。

 活性酸素は分子記号で「О2」と表記され、安定形から電子が1個足りない状態です。
電気的に不安定で、他の物質を酸化させる(電子を奪う)作用が非常に強まった状態にある酸素なのです。
呼吸以外にも、大気汚染物質、タバコ、ストレスによっても発生するほか、白血球の免疫活動、放射線や紫外線を浴びることによっても発生します。
フリーラジカルであるスーパーオキサイドラジカル、ハイドロキシルラジカルのほか、過酸化水素も活性酸素の仲間に加えられます。
 活性酸素が人体に有害とされるのは、わたしたちの細胞を酸化させる(サビつかせる・腐らせる・老化させる)からです。
細胞が酸化されると、細胞の集合体である臓器や組織の機能が衰え、その結果、老化が進んだり、ガンや生活習慣病を引き起こしてしまいます。
 タバコや酒などの嗜好品以外は、生きていく上でさけられない宿命といえます。
でも、なるべくなら老化はゆっくりきてほしいし、ガンや生活習慣病にはかかりたくありません。
 そこで、必要悪ともいえる活性酸素をいかに最小限に抑え、消去し、かつ傷つけられてしまった細胞を修復するかが、
現代人の健康を考えるうえでの最大関心事となっているのです。



老化の原因は活性酸素だった!活性酸素はエネルギーの副産物
私たちはなにげなく酸素を吸って生活しています。しかしこの酸素、身体の中ではどのように使われているのでしょう。
身体は、細胞に血液から酸素を取り入れてブドウ糖を燃やします。ブドウ糖を燃やしてエネルギーをつくるには酸素が必要です。しかし、その結果、副産物として細胞等のサビ、すなわち活性酸素ができてしまいます。それが細胞を傷つけ、動脈硬化の原因となったり、ガン、血栓症などの生活習慣病の発症や老化の進行と強く関係します。活性酸素は、生体が代謝を行いエネルギーを産出するときに必然的に発生してしまいます。


活性酸素は暴れん坊!

酸化が肌の中で起きると、暴れん坊の活性酸素は、繊維芽細胞(肌の若さを保つため、コラーゲンを作り出す)を攻撃して、その機能を奪います。コエンザイムQはその悪玉活性酸素を減らす作用があります。また、その効果はビタミンEと組み合わせることによって、一層高まることが知られています。


活性酸素が関わっている主な病気

アルツハイマー型痴ほう
パ−キンソン病
しみ・シワ
糖尿病
動脈硬化
ガン


酸化を防ぐはずのビタミンEが酸化されてしまう
コエンザイムQが酸化物質を吸い取ってくれる
ビタミンEが復活!
酸化した細胞膜
ビタミンEが酸化を防御
V.EとコエンザイムQとの協力作用


コエンザイムQは加齢とともに減少

コエンザイムQは、通常で体内に約700mg、全身の細胞内に存在していて、特に多いのが心臓・肝臓・脳など代謝活動の盛んな器官、まさに生命維持の中枢にあたる部分に関わっています。しかし、体内に存在する量は、次第に減少していきます。その理由は、加齢による体内生産能力の低下です。20歳前後がピークで後は緩やかに下がっていき、50歳以上の人は約半分に落ちてしまいます。したがって、細胞の老化の進行を抑制するためにはコエンザイムQを補う必要があります。

V.Eを復活させるコエンザイムQ
V.Eは強い抗酸化作用を持っています。活性酸素の細胞への攻撃を身を盾にして防いでくれるのですが、V.Eも酸化し、V.E自身が活性酸素を出してしまいます。コエンザイムQはその活性酸素を吸い取ってくれるのです。だから、V.Eを摂るときはコエンザイムQを一緒に摂る必要があります。




お問い合わせは、
漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
まで、お気軽にお問い合わせください。


大山漢方堂薬局
漢方健康相談コーナーへ、クリック!





佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      

医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine



<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp