特集:メタボリックシンドロームと漢方薬A

漢方薬でやせる!!!

ダイエットの相談は年間を通じかなり多いのですが、その内容は大きく美容が目的のものと、
病気の予防や治療を含む健康の為の二つに分けられます。
このうち、肥満が原因で体調が悪い、健康の為のダイエット、に漢方薬を使うのはとても良いこといえます。
しかし、美容のダイエットの場合、漢方薬はあまり向かないケースもあります。
特に、医学的に肥満の範疇に入らないような人のダイエットは、漢方薬は、それほど適するとは言えません。
漢方薬は、人間の崩れたバランスを整えることを得意としています。
ですから、健康的に痩せる!この目的でのダイエットが漢方の理想とするところです。



◎過食と運動不足に注意

一般的に、人間の体重の60%は水分で、その他に固形物が22%、脂肪が18%存在するとされています。
体内の脂肪が18%を超え、体重が標準体重の20%以上増えている場合、西洋医学では「肥満症」と診断します。
標準体重は、男性は「身長cmー110cm」、女性は「身長cm−105cm」で算出しますから、
たとえば身長160cmの女性で体重が66kg以上あるような場合は肥満症ということになります。
肥満症の多くは過食と運動不足が原因で(消費カロリーより摂取カロリーの方が多い)、
放置すると糖尿病や高血圧、心臓病、肝臓病、痛風などのさまざまな成人病の誘因となります。
当然、肥満度が高いほど死亡率も高く、中度肥満で普通の人の2倍、重度肥満で3倍の死亡率となっています。

肥満症に、一般的に用いる漢方薬

証     目安となる症状                   処方名
実証     血色がよくて太鼓腹、便秘やのぼせ       防風通聖散
実証     みぞおちのつかえ・胸脇苦満           大柴胡湯
実証     固太りで、精神的に興奮しやすい・のぼせ   桃核承気湯・通導散
実証     便秘・腹部膨満が強く、精神病を伴う      大承気湯・大黄牡丹皮湯
虚証     色白で水太り。多汗や下肢のむくみ       防已黄耆湯・九味檳榔湯


◎減食療法に漢方薬を併用する

このため、最近では肥満そのものを「病気」ととらえ、治療の対象としています。
この場合、西洋医学でも漢方医学でも、肥満治療では減食療法が主体になります。
西洋医学の肥満治療薬は、減食療法の補助的な役割を果たす程度ですが、
漢方薬の場合は、減食療法に併用することで肥満に伴うさまざまな症状を改善したり、
体調を維持していろいろな病気を予防する効果が得られます。
肥満に使う代表的な漢方薬は、「食毒」の薬である「防風通聖散」で、血色が良く太鼓腹・便秘・のぼせを伴う人などに用います。
同様の「実証」タイプで、みぞおちのつかえや胸脇苦満が強ければ大柴胡湯なども使います。
また、固太りタイプで、精神的に興奮しやすいような人には桃核承気湯、
色白で水太りした「「虚証」タイプの人で、多汗や下肢のむくみなどがある場合は防已黄耆湯を用います。


肥満症の食事療法

だれでも必ず痩せる減量法とは?
「肥満は糖尿病や高血圧、心筋梗塞など、恐い生活習慣病(成人病)の原因になります。ですから、早急に肥満を解消してください!!」
と先生に言われても、なかなか簡単に上手くいかないのが減量・・・。
そこで、ついつい「飲めばすぐやせる!」「10日で5kg!」など、魅力的な言葉、うたい文句にのってしまいがちですね!
でも、実際は、ダイエットに王道はありません。
どんな方法でも、下の大原則を忘れては「痩せる」ことは不可能です。

「痩せる法則とは?」

大原則1 : 摂取カロリーを消費カロリーより減らす!


減量の基本は実に単純です。
消費するカロリーより、食べるカロリーを減らす。つまり、体内のカロリーをマイナス(赤字)にすればよいのです。
理論的には、体脂肪1kgは、約7000kcal。つまり、赤字が7000kcalになれば、体重が1kg減るというわけです。

  【Keikoさんの場合】
  1日2500kcal⇒1800kcalのダウン (2500−1800=700kcal)
  700kcal×10日=7000kcal⇒10日で1kg減量!

大原則2 : 運動だけでやせるのは、ほとんど不可能に近い!

例えば、1Kgの減量に成功した上記のKeikoさんが食事量を、そのままにして、運動だけで痩せようとした場合、
1日で700kcal消費するには、ひどく激しい運動が必要になります。
例えば、ジョギングなら続けて約1時間半!
自転車こぎなら続けて約2時間半!
つまり、プロのスポーツ選手でないかぎり、運動だけで減量するのは、ほとんど不可能なのです。

大原則3 : 生活習慣の見直し!

結論は、減量するには、
「よく体を動かして、腹六分目に食べる」
これが秘訣!
考えれば、こんな簡単なことが、なかなか上手くいかないのは、あなたの「生活習慣」が原因です。
減量を成功させるには、「生活習慣の見直し」が、始めの第一歩になります!


太っている人に、太っているワケがある!

「結婚する前は、痩せていた・・・」
「単身赴任する前は、ベスト体重だった・・・」
「部長になる前は、スーツも似合ってかっこよかったのに・・・」
など、など、
太ってくるには必ず、その人の生活の中に問題点があります。
まず、じっくり考えて、肥満の原因を探ってください!

肥満の原因!

1 年齢?
  加齢とともに、人は省エネルギー型の体になります。以前と同じ食事をしていると、太ってしまう。
2 カロリー?
  接待の機会が増えたり、ストレス解消に食べたりして、いつのまにか摂取カロリーが多くなっている。
3 食事?
  早食い、ながら食い、残り食い、つまみ食い、まとめ食いは、肥満の友達、そのひと口が肥満を招く。(上手すぎるね)
4 生活習慣は?
  夜型の生活、不規則な生活、は太りやすい。
  同じ量を食べても夜は脂肪がつきやすく、肥満は夜作られる。
5 お酒やお菓子は?
  アルコールやお菓子、果物などのとりすぎは、肥満のもと。
  せっかくもらったものだから食べる、「もったいない、気兼ね食い」は、いけないかも?
6 外食が多い?
  外食はカロリーが高い料理が多いので、要注意。
7 おつきあい、冠婚葬祭、旅行は?
  宴会や旅行の時は、食事もつい、はめをはずしがち。おつきあいが多いと肥満になります。
8 体質や遺伝は?
  「そういえば、両親とも太っている」というあなた。太りやすい体質だからこそ、食事には注意が必要なのです。
9 運動不足は?
  運動不足だと、カロリーを消費できない分だけ肥満になります。
  さらに悪いことに太りやすい体質にもなってしまいます。

というわけで、肥満症は、1〜9の原因が、混合、相加して起こります!
お酒を飲む ⇒ つまみをどんどん食べる ⇒ 夜ふかし人間になりやすい ⇒ 夜食もとる ⇒ 
栄養のバランスがクズれる ⇒ 肝臓病(脂肪肝)、高脂血症に ⇒ 生活習慣病(成人病)になる。


「いくら考えても、そんなに太るようなことはしていない」というあなた

「いつ、何を、どこで、どんな状況で、どのくらい、飲んだり、食べたりしたか」を、毎日メモる!
気がつかなかった肥満の原因が、きっと発見できます!

例えば、●テレビをみながら夕食
     ●ストレス解消の食事
     ●だらだら食い
     ●高カロリー(天丼など)の食事が大好き、など、など、いろいろあるかも?


栄養のバランス

というわけで、肥満の原因を発見できたら、いよいよ、ダイエットを実行ですが、
ここで、注意しなければいけないのが、「○○を食べればやせる」式の偏った方法です。
つまり、偏った食生活を事を長く続けることは不可能ですし、長く続ければ、反対に思いもかけない病気になることもあります。
それに、たとえ痩せても、また、元の食事に戻れば、体重も、また元通り、あなたは肥満のままです。
それに、これで、以前より太ったという人もいます。リバンド効果ですね。
リバンドすると体脂肪の割合が増え、再び減量するのは、以前よりさらに難しくなってしまいます。
栄養バランスのとれた食事で、健康的に減量し、その体重をずっと維持するのが、よいダイエットです。


上手なダイエット

1 「おかず食い」は痩せにくい。
  ご飯や油物を制限しても、おかずをいっぱい食べてはダメです。
  実は、魚・肉・卵・豆腐は、たんぱく質と脂肪の混合物で高エネルギーなのです。
  ご飯を適量とると満足感があり、かえって食べすぎを防止できるかも。

2 「野菜不足」は痩せにくい。
  野菜は生でも、煮物でも、毎日しっかり食べてください。カロリーが低く、満足感も得られます。

3 「特定な食品の食べすぎ」に注意する。
  多種類の食品をとると、自然に栄養バランスがとれるかも。

4 「濃い味つけ」は肥満のもとです。
  濃い味つけは食欲が増し、食べすぎのもとになるので注意が必要かも。

5 「牛乳と果物」を1日1回とる。
  牛乳や果物を、食間にとると、不足がちなカルシウムやビタミンをとることができます。


肥満症を防ぐQ&A

Q お酒をやめないで、やせる方法はありませんか?
A アルコール類は、種類を問わず高エネルギーです。
  ビールや日本酒は太り、焼酎は太らないというのは、嘘です。
  どうしても、お酒が飲みたい人は、次の点に注意。
  @飲まない日を作る。または、1回に飲む量を減らす。
  A「節酒宣言」をして、周囲の協力を得る。
  B外で飲むと量が進みやすいので、家で調節しながら飲む。
  C買い置きは禁物。ビールなら、その日に飲む分を冷蔵庫へ。
  D高カロリーなつまみは食べない(フライドポテト・はまちやトロの刺し身・ナッツ類・チョコレート・チーズなど)。
  E飲んだ後、ラーメンなどの夜食は食べない。

Q 間食をしてはいけないのですか?
A 間食も食べ方しだいです。
  たとえば、まとめ食いを避ける意味でも、適量の牛乳や果物を間食にするのはよいと思います。
  お菓子1個で太るわけではなく、だらだら食いが肥満のもとです。
  食べる頻度・場所・時間・量を決めてください。
  洋菓子は脂肪と砂糖が同時に含まれ、太りやすいので注意大です。
  脂肪を含んだ食事の後に、和菓子もダメです。

Q タバコをやめると太りますか?
A 口さびしさで間食をしたり、タバコをやめたことで味覚が敏感になって、食事がおいしくなり、つい食べすぎてしまう、
  こういうことがよくあります。
  しかし、タバコに痩せる作用はありません。
  最近の調査では、喫煙者に肥満症の人が多いといわれています。


肥満症を予防する、食事チェックリスト
(○が10個以上ついた人は、あぶない! 肥満症になる!? 要注意!)


1  出されたものは、必ず残さずに食べる。
2  食事をしながらテレビを見たり、新聞を読んだりする。
3  どちらかというと、早食いだ。
4  1日2食になっている。
5  イライラすると食べてしまうことがある。
6  いただきものは、食べないともうしわけない。
7  夜型人間である。
8  食事が不規則になりやすい。
9  夕食を食べるのが、9時以降になることが多い。
10 つき合いでお酒を飲む機会が、週2回以上ある。
11 甘いものがやめられない。
12 野菜不足になっていると思う。
13 ご飯は、ごく軽く1杯しか食べない。
14 週に3回以上、フライやてんぷらなど、揚げ物を食べる。
15 1日に1回以上、外食する。


 大山漢方薬局の「肥満症に用いる漢方薬」が、平成15年6月8日に市民新聞(読売新聞折込)に紹介されました!

特集:漢方ダイエット

1)肥満度が高いか、病気(糖尿病、高血圧、高脂血症、脂肪肝、膝の痛みなど)のために体重を減らしたい人には、漢方は最適です。

2)美容目的のダイエットは、標準体重をオーバーしているような人は有効。
標準体重なら、食事の制限や運動を優先させる。漢方は第二と考える。
健康な方に向けての漢方ダイエット関連商品には下剤的な生薬や利尿薬的な生薬などを混合して作られたものも存在していて、
体質に合わない場合もあり、かえって体のバランスを壊しかねないので注意が必要です。

肥満に対する東洋医学的な考え方

漢方では、肥満をいくつかのタイプに分けて処方を決めています。
まず自分がどんなタイプの肥満かを、見極める事が大切です。
以下に肥満のタイプを説明します。

1)脂肪太りタイプ

このタイプは、食べ過ぎの肥満です。
血色が良く太鼓腹、暴飲暴食気味、暑がりで便秘気味、体力的にも標準以上で、いわゆるエネルギッシュの人が多い。
漢方薬では「防風通聖散」「大柴胡湯」などがよく使われます。
わかりやすく説明すれば、体に溜まった悪いものを出す働きの漢方で、緩下剤的な働きをもつ漢方薬と言えます。

2)水太りタイプ

このタイプは、あまり食べずに、水を飲んでも太る肥満です。
新陳代謝が悪いタイプで、体質も普通から虚弱気味、運動も苦手、冷え性気味、疲れやすい、むくみが強い。
漢方薬では、「防已黄耆湯」「五苓散」などがよく使われます。
わかりやすく説明すれば、代謝を上げる漢方で、利尿薬的な働きをもつ漢方薬と言えます。
これらの処方は、ダイエット用でも体を補う作用がある点特徴です。
男性より女性に多いタイプで、肥満で体力のない虚証の肥満にうまく合います。

3)血太りタイプ

血行が悪くて太る、漢方ではホルモンバランスが崩れているタイプです。
更年期を境に太った人、出産の後に太った人、などがこのタイプです。
漢方薬では「桃核承気湯」「桂枝茯苓丸」などがよく使われます。
これも女性に多いタイプです。

4)ストレス太りタイプ

最後に、最近急増のストレス太りです。過食症もこれにあたることが多いです。
特に女性で、このようなタイプの人には、「加味逍遥散」などの、
婦人薬で気の巡りを良くする漢方薬を使う場合もあります。
また実際には、上の3つのタイプ(脂肪太り、水太り、血太り)が混ざっている、混合太りの人も多いです。

実は、肥満の漢方は他にも多種類あります。自分のタイプや合う処方がはっきりしない人は、
やはり専門家に相談してください。


漢方薬でダイエットする場合、食事療法や運動を組み合わせないと多くはあまり即効性があるとはいえません。
その代わり、便秘や肩こり、吹き出物などの体調の悪い所や成人病など併発している場合もそれらを同時に治してくれますし、
リバウンドを起こしにくい体質に改善していけます。いろいろやっても痩せない方や、
ダイエットで体調を崩した事のある方などは、一度漢方専門薬局に相談してみると良いでしょう。


特集:メタボ対策に今人気の漢方薬  

特集:@メタボリックシンドローム対策! 内臓脂肪を減らす漢方薬!!

 特集:Aメタボリックシンドロームに、漢方薬が効果大!!!

「ウエスト太めは要注意!!男性85cm!女性90cm!」= お腹の脂肪を分解し、脂肪過多を改善する漢方薬!


 漢方薬の「九味半夏湯加減方」が、今、「やせる漢方薬」として大きな反響を呼んでいます!

    今話題のやせる漢方薬!「九味半夏湯加減方(くみはんげとうかげんぽう)」とは? 

「九味半夏湯加減方(くみはんげとうかげんぽう)」関連ニュース →      



<健康を脅かす肥満>

肥満が健康の大敵である事は現代の常識となっています。
肥満は、糖尿病、心臓病、高血圧など、生活習慣病の大きな原因になります。
病気ではないが、単に太っている、という場合でも、中高年以降で、肥満度に比例して死亡率も大幅に上昇している事実があります。
まさに肥満は万病の元ともいえるわけです。
ですから、美容、健康を考えると、肥満気味の方は、なるべく早く対処することはよいことでしょう。


脂肪過多症に効く!
「扁鵲(へんせき)」
 ← 漢方情報です。クリックしてください!!!

大山漢方薬局 商品No.34-HE 商品名 扁鵲(へんせき)
扁鵲(へんせき) / 株式会社 建林松鶴堂

     

効能・効果:脂肪過多症
用法、用量:成人1日3回、1回1包2g
価格: 1個 30日分(90包)¥7350-(税込)

扁鵲」 70日分(210包)
大山漢方薬局 販売価格 14700円(税込、送料、代引手数料込)
扁鵲」 100日分(300包)
大山漢方薬局 販売価格 19800円(税込、送料、代引手数料込)
扁鵲」 140日分(420包)
大山漢方薬局 販売価格 26000円(税込、送料、代引手数料込)



<痩せる漢方薬とは?>

漢方は体質によって処方内容が変わりますが 大きく分けると、熱として脂肪を分解、燃焼させるものと、代謝を上げ、便通をよくするもの、
身体に蓄積している余分な水分を排出するものなどがあります。

以下に、痩せに使われる最も代表的な漢方処方、3つをご紹介致します。

●防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
この漢方薬には、代謝を上げる「ダイオウ」や「ボウショウ」、からだを冷やす「セッコウ」などが
含まれている。便秘気味の人には、最適、便通もよくなります。

●大柴胡湯(だいさいことう)

ダイエット漢方としては、作用がもっとも強力です。
大柴胡湯(だいさいことう) では、作用が強すぎる場合には、構成生薬ダイオウを除いた、
「大柴胡湯去大黄」(ダイサイコトウキョダイオウ)があります。
この漢方薬は、本来、体力のある運動選手などに用います。

●防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)

色白で、プヨプヨした人に合う漢方薬。
ダイエットだけでなく、むくみ、慢性腎炎、月経不順、関節炎、痛みにも応用される。
とにかく、色白の人で、ぽっちゃりタイプの人に合う。


*漢方は、体質が合わないと不調を起します。
*ダイエットは、基本的には、病気の治療ではありません。
多少、体調を崩しても、痩せればよい! と言う人が多数ありますが、自己責任、自己管理の上、
不調を起した場合は、服用を一時中止して、漢方に詳しい医師・薬剤師に、ご相談ください。


*大山漢方薬局 商品No.30
<松浦一般用漢方エキス細粒>
*1本で、約3ヶ月(84日間)服用できる! お得用漢方薬! 
それに加えて、漢方では、煎じ薬に次いで効果が高い「エキス顆粒」タイプ!


1)脂肪太りタイプ

「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」エキス細粒 
「大柴胡湯(だいさいことう)」エキス細粒
 

2)水太りタイプ

「防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)」エキス細粒 
「五苓散(ごれいさん)」エキス細粒 
「柴苓湯(さいれいとう)」エキス細粒
 

3)血太りタイプ

「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」エキス細粒 
「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」エキス細粒 

4)ストレス太りタイプ

「加味逍遥散(かみしょうようさん)」エキス細粒
 
「柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)」エキス細粒 

5)混合太りタイプ
「扁鵲(へんせき)」 

*2つ以上のタイプが、当てはまるときは、個人個人の症状・体質により、
上記各処方を選択併用することが必要です、大山漢方薬局に、お気軽に、ご相談ください!



お問い合わせは、
漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
まで、お気軽にお問い合わせください。


大山漢方堂薬局
漢方健康相談コーナーへ、クリック!





佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      

医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine



<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp