シンワ製薬 CSPHPニュースより、


コレステロールが気になる方に、役立つ情報を満載してお届けします!
CSPHPニュース

CSPHP(リン脂質結合大豆ペプチド)は、大豆の栄養機能をさらに高めた新しい食品成分です。

特集:コレステロール値が高めの方に朗報!大豆から生まれた、CSPHPの驚くべき効果。

血中コレステロール値が高め(220mg/dl以上)の成人男性を対象にして、協和発酵が実施した試験結果をご報告します。まず、試験参加者をグループ分けし、それぞれに(a)CSPHPを3g含む粉末飲料(b)CSPHPを6g含む粉末飲料を毎日摂取してもらいました。1ヵ月ごとに採血を行い摂取前の値と比較したところ、CSPHPを3gあるいは6g含む粉末飲料を摂取していたグループは1ヵ月目から効果が現れました。この時のLDL-コレステロールおよびHDL-コレステロール値の変化も調べたところ、低下したのはLDL-コレステロール値であり、HDL-コレステロール値はむしろ上昇するという、動脈硬化のリスクを下げる意味で非常に好ましい効果が確認されました。なお、別途行った試験データから、CSPHPがコレステロール値を必要以上に下げすぎないことも確認されたのです。

すこやかに毎日を過すために、コレステロール血症について正しく理解しましょう。

放っておくと恐ろしい高コレステロール血症。その原因や引き起こす病気について、あなたはどのくらいご存知ですか?

どうして高コレステロール血症になるの?
 高コレステロール血症とは、何らかの原因によって血液中のコレステロールの量が多くなっている状態のことです。その原因はいくつか考えられます。バランスの悪い食生活、あるいは運動不足などの生活習慣に問題がある場合。肥満や糖尿病などのある種の疾患に伴った症状として現れる場合。また生まれつきの体質や遺伝的な背景によって起こる場合もあります。さらに、これらの要因が複合的に関わっているケースもあります。中でも食生活などの生活習慣の乱れが影響している場合が最も多く、私たちが気をつけたいボイントです。そして最近の調査によると、日本人の30歳以上のほぼ3人に1人が高コレステロール血症、すなわちコレステロール値が危険域にあると報告されているのです。

高コレステロール血症ってそんなに危険なの?
 コレステロール値が高いと、なぜ危険なのでしょうか。それは高コレステロール血症が動脈硬化と密接な関係を持っているからです。動脈が硬化してくると心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患や、脳梗塞などの症状を引き起こしてしまう可能性が高いのです。血中コレステロール値、中でもLDL-コレステロール値が高まるにつれ、虚血性心疾患のリスクが高まることが明らかになっています。

コレステロールの基礎知識

そもそもコレステロールって何なの?あなたの疑問にお答えします。
〔体に大事な成分、でも摂り過ぎは禁物です。〕
〈コレステロール〉というと、とかく悪者扱いされがちです。しかし、本来は体を構成する細胞膜の成分、ある種のホルモンの原料、胆汁の原料であり、体にとって非常に重要な成分なのです。もちろん食品から摂取することもできますし、体の中でも肝臓などの臓器で合成することもできます。また肝臓にはコレステロールを分解して体外に排泄するなど、量を調節する機能も備わっています。しかし、生活習慣の乱れで体に変調をきたしたり、コレステロールを含む油分を摂り過ぎたりすると、肝臓の調節機能では処理しきれなくなり、コレステロールが体内にあふれてしまうことになりかねません。そのために十分な注意が必要なのです。

〔善玉、悪玉ってどういうこと?〕
 コレステロールは〈善玉コレステロール〉、〈悪玉コレステロール〉と呼ばれています。でも、コレステロール自体に2つの種類があるわけではありません。では、その違いは何なのでしょうか。コレステロールは血液にのって体中の各組織に運ばれて利用されます。しかし、コレステロールは油の一種ですからそのままでは血液には溶けません。そこで、リポタンパク質という運搬体に取り込まれ、血液中を運ばれるのです。このリポタンパク質は大きく分けて2つの種類があります。主に肝臓から組織に運搬していくLDLと、組織から肝臓に運び戻すHDLです。そして、LDLによって運ばれるのが〈LDL-コレステロール〉、HDLによって運ばれるのが〈HDL-コレステロール〉と呼ばれているのです。LDLは体に必要なものですが、多くなり過ぎると血管の内側にたまってしまい、動脈硬化の原因になるとされています。一方、HDLは体の余分なコレステロールを肝臓に戻して処理するため、動脈硬化のリスクを低減するとされています。このため、〈LDL-コレステロール〉=〈悪玉コレステロール〉、〈HDL-コレステロール〉=〈善玉コレステロール〉と言われているのです。つまり、単にコレステロール値の高い低いだけではなく、その内容をチェックすることが重要なのです。血液検査の項目に〈総コレステロール値〉と並んで〈HDL-コレステロール値〉が示されているのはそのためです。


お問い合わせは、
漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
まで、お気軽にお問い合わせください。


大山漢方堂薬局
漢方健康相談コーナーへ、クリック!





佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      

医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine



<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp


                                      


大豆から生まれたCSPHPは、コレステロールを下げる強い見方!

CSPHP(リン脂質結合大豆ペプチド)は、大豆の栄養機能をさらに高めた新しい食品成分です。

コレステロールを低下させる大豆タンパク質
 血中コレステロール値の管理が重要だという認識が定着するにつれ、食品素材によってコレステロール値をコントロールする試みが各方面でなされてきました。その中でタンパク質について新しい事実が明らかになってきました。キャロルという米国の研究者らがウサギを使って行った実験結果です。エサ中のタンパク質の種類によって血中コレステロール値の応答性に差があることが分かりました。そして面白いことに、卵や肉などの動物性タンパク質と比べ、豆類などの植物性タンパク質を食べたウサギの方のコレステロール値が明らかに低かったと報告しています。そこで、中でも最も身近な植物タンパク質源である“大豆”に着目して多くの研究がなされ、そのコレステロール低下作用が明らかになってきました。そして最近、アメリカの政府機関である食品医薬局(FDA)では多くの研究データをもとに、1日当り25gの大豆タンパク質を摂ることが心疾患のリスク低減に有効であると発表しています。

研究を重ねて誕生したCSPHP
 しかし、25gの大豆タンパク質というと豆腐にして約2丁(約600g)です。これを毎日食べるのはなかなか大変ですね。そこで私たち協和発酵では、この天然素材である大豆の機能を高めることによって、もっと手軽に日々の健康管理に役立てられないかと研究を重ね、CSPHP(リン脂質結合大豆ペプチド)という食品新成分を開発しました。CSPHPを製造するには、まず大豆中のタンパク質を酵素によって分解します。分解することで大豆の持つコレステロール低下作用が高まります。そして得られた大豆タンパク質の分解物(ペプチド)に、リン脂質という成分を加え結合させることによって更にその作用を高めたCSPHPが得られるのです。このリン脂質もやはり大豆中に含まれるコレステロール低下作用をもつ有効成分として知られています。こうしてつくられたCSPHPは「大豆の栄養機能をさらに高めた新しい食品成分」なのです。

臨床試験が証明したCSPHP効果

コレステロールの多い食事を摂った場合でも、CSPHPが血中コレステロール値の上昇を抑えることが分かりました。
 健常な成人男性を対象として試験を実施。試験参加者をグループに分けて、それぞれに(a)CSPHPを含まない粉末飲料、(b)CPHPを3g含む粉末飲料を毎日摂取してもらいました。また、この試験では“コレステロール摂り過ぎ状態”のモデルとするために、試験期間中1日当たり2個分の卵黄も同時に摂取してもらいました。1週間ごとに採血を行い分析したデータは次の通りです。
CSPHPの入っていない粉末飲料を摂取したグループでは上昇したのに対し、CSPHP入りの粉末飲料を摂取したグループでは上昇が抑制されました。


コレステロールを上手にコントロール。
CSPHPの作用メカニズムをご紹介します。

血中コレステロール値を下げるCSPHP。
その働きぶりをご説明します。
 CSPHPはどのようにして「コレステロールが多い食事を摂りがちな方」や「血中コレステロール値が高めの方」のお役に立つのでしょうか?通常、食事中のコレステロールや中性脂肪などの油成分は、腸から吸収される際に胆汁液(胆汁酸やコレステロールなどが主成分)の作用を受けて、ミセルという状態になります。CSPHPはこのミセルに影響を及ぼし、食事に由来するコレステロール、胆汁液中に含まれるコレステロールや胆汁酸の吸収を抑え、糞便中に排泄する働きがあるのです。このようにして摂り過ぎによるコレステロール値の上昇を抑えたり、体内のコレステロール値を下げたりすることができるのです。

コレステロールが高くて動脈硬化が起きると、こんなコトに・・・

 脳では    ●血管がつまる→脳梗塞
 
 心臓では  ●血管が狭くなる→狭心症
         ●血管がつまる→心筋梗塞

コレステロールの基礎知識
胆汁酸を排泄すると、なぜ血中コレステロール値が下がるのでしょうか?
 胆汁酸は、消化液の一つである胆汁液の成分として、コレステロールを原料として肝臓でつくられます。通常は腸内で脂肪などの消化吸収を助けた後、その大部分は再び吸収されて肝臓に戻ってきます。この再吸収が抑えられると、足りなくなった分を補うために体内のコレステロールが使われます。その結果、血中コレステロール値が下がるのです。

体内におけるCSPHPの働き
 CSPHPは腸の中でコレステロールや胆汁酸が吸収されないようにしたり、排泄を促します。そのため、血中コレステロール値が下がるのです。CSPHPはコレステロールや胆汁酸の吸収を抑えて、便として体外に排出します。


ふむふむ、なるほど。コレステロールの豆知識

更年期を迎えたらコレステロール値の上昇に要注意!
 血中コレステロール値が高い日本人の割合を、男女別にまとめてみました。40歳代までは男性の方が若干多めですが、50歳代以降は女性の割合がグっと多くなっています。女性の閉経の時期は一般的に40歳代後半から50歳代前半と言われています。つまり、50歳代以降はいわゆる更年期にあたる時期だと考えられます。ホルモンバランスの乱れなどによる様々な体の変調が更年期障害だとされていますが、血液中のコレステロールや中性脂肪の値なども影響を受けて高まる傾向にあります。これら血中脂質値の上昇は自覚症状としてほとんど出てきませんので、更年期を迎えたら血液検査値のチェックが大切です。


お問い合わせは、
漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
まで、お気軽にお問い合わせください。


大山漢方堂薬局
漢方健康相談コーナーへ、クリック!





佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      

医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine



<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp