特集:コレステロールを考える(1)
高脂血症とは?


高脂血症とは?
血液中にコレステロールや中性脂肪など脂質が多い状態をいいます。
高脂血症は、動脈硬化を促進させ、さまざまな成人病の要因になります。

コレステロールが高い&中性脂肪が高い  →  高脂血症  →  動脈硬化を促進  →  狭心症&心筋梗塞&脳梗塞

コレステロールとは?
細胞膜をつくる脂肪(脂質)の一種です。
身体を維持するために欠かせない物質ですが、多くあると心筋梗塞、逆に少ないと脳出血になりやすくなります。

<コレステロールの種類>
★LDL(悪玉)コレステロール
 血管壁に蓄積し、動脈硬化を促進する。
 数値が高いと狭心症&心筋梗塞の原因となる。
★HDL(善玉)コレステロール
 血中の余分なコレステロールを取り込み肝臓へ運ぶ作用がある。
 動脈硬化を防ぐ。

<高コレステロールの原因>
@運動不足
A動物性脂肪の摂り過ぎ
B食物繊維の不足
C肥満
Dストレス



中性脂肪とは?

生きるために必要なエネルギー源ですが、過食やになったり、運動不足になると体内に蓄積し、肥満の原因となります。

<高中性脂肪の原因> 
@糖分の摂り過ぎ
Aアルコール
B脂肪の取り過ぎ
C運動不足

●高脂血症になりやすい生活習慣
@ほとんど運動をしていない
A魚より肉をよく食べる
B甘いものをよく食べる
C野菜・豆類はほとんど食べない
D卵類をよく食べる
E太っている
Fアルコールをよく飲む

高脂血症を予防する日常生活
健康診断で「高脂血症である」と言われたら、まず生活習慣を改善する必要があります。

@食生活に注意
 ★1日3回規則的に。早食い、偏食はやめる
 ★夕食は就寝3時間前までに
 ★栄養のバランスを心がける
A標準体重を維持しよう
 ★自分の肥満度を求めましょう 
  BMI(肥満度)=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
  <計算例>身長175cm、体重68kgの人
         BMI=68÷1.75÷1.75=22.20

 判定基準

肥満    過体重    標準   やせ
26以上  24〜26  22±2  20未満


B適度な運動
 ★ウォーキングは、運動しながら会話が出来る程度で、息切れしないことがコツ。15分以上は続けましょう。
Cストレス解消
 ★自分に合ったストレス解消法をみつける(趣味・スポーツ・旅行など)
Dタバコ・アルコールをひかえる。
 ★タバコは悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らす


高脂血症を予防のため注意する食品

たくさん摂りたい食品
食物繊維→腸内でコレステロールを吸着し排泄する
 @野菜類 (ごぼう・にんじん・かぼちゃ・たまねぎ・にんにく)
 A海藻類 (わかめ・こんぶ・ひじき)
 Bいも類 (さつまいも・こんにゃく・じゃがいも)
 C大豆製品 (豆腐、納豆、おから)
 D果物 (りんご、キウイフルーツ)
 Eきのこ類 (しいたけ)
青背魚→血液がかたまりにくくなる
 イワシ、サンマ、サバ、アジ

適度に摂りたい食品
植物性脂肪→コレステロールを減らす
べにばな油、サラダ油

ひかえたい食品
 卵類高脂血症を予防するコレステロールを多く含む
 卵黄・マヨネーズ・カズノコ・ウニ・タラコ
動物性脂肪→コレステロールを上げる
 バター・ラード・豚肉や牛肉の脂身・ベーコン・レバー・生クリーム
砂糖(糖質)・アルコール→中性脂肪を上げる
 お菓子・ケーキ・清涼飲料水・ビール・ワイン
*アルコールは適量はよいが、飲み過ぎると中性脂肪が増える

 大山漢方薬局 特集:コレステロールを考える(2)へ、クリック!


お問い合わせは、
漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
まで、お気軽にお問い合わせください。


大山漢方堂薬局
漢方健康相談コーナーへ、クリック!





佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      

医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine



<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp