特集:アトピー性皮膚炎と漢方医学)


「アトピー体質改善と漢方薬(根治療法)」

    大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、漢方相談お申し込みホーム、問診表

岡山大学医学博士 徳島大学薬学修士 大山博行先生のご紹介



はじめに、

アトピー性皮膚炎に効果的な漢方薬、アトピー性皮膚炎を治す東洋医学(漢方薬、鍼灸)、アトピー性皮膚炎に効果的な漢方療法

漢方薬には、二千年の歴史があり、漢方薬を上手に行えば、アトピー性皮膚炎にもすぐれた効果を発揮します。
また、現代医療に疑問を持って漢方治療を求める患者さんも増えてきました。
現在では、本格的な漢方薬専門薬局の多くで、アトピー性皮膚炎の患者さんのご相談、調合漢方薬を服用する患者さんも、かなり多くなっています。
アトピーの患者さんと同じように、ご相談の増えている患者さんに、スギ花粉症(アレルギー疾患)があります。 
スギ花粉症の患者さんも、近年急増していますが、これは病気のメカニズムがよくわかっていますが、
それは、「スギ花粉の量が増えたため」というような単純なものではありません。
主因は、まだ完全ではありませんが、排気ガスなど、何かが人体に働きかけた状態で、花粉が作用すると、花粉症になりやすいことなどがわかっています。
アトピー性皮膚炎に関しては、まだはっきりしていませんが、やはり、何かが人体に働きかけた状態で、アトピーになりやすいことが予測されます。
この場合、「体に作用する何か」というのは、食物(農薬・食品添加物など)、ダニの増殖しやすい住居環境、大気、水の汚れなどです。
しかし、アトピーの場合は、社会変化によるストレスなどの心理的要因が、予想より大きなウェイトを占めている点が花粉症とかなり異なっています。
受験や就職ストレスなどによって、アトピー性皮膚炎が悪化するのはよく知られています。
ですから、アトピー性皮膚炎の患者さんに、漢方を調合するときは、患者さんのストレスなどの心理的要因を重視する必要もあります。
これは、現在に始まったものではなく、漢方医学、漢方療法に根ざした考え方による、精神と肉体は切り離すことはできない、心身相関、一緒に治す必要があります。
現代医学は精神と肉体を別々に考え、精神は精神科、肉体は内科や外科などとなりますが、漢方では「心身一如」であり、精神と肉体は別々のものではないのです。
大山漢方堂薬局では、こういう見方で、アトピー性皮膚炎の患者さんのご相談を受け、「身体」の皮膚症状と同時に、「心」のほうの状態、ストレス度、心理、社会的要因にも、
同じように病気のウェイトをおいて、より治療効果をあげています。ですから、大山漢方堂薬局で用いる調合漢方薬は、「心身一如の治療薬」となります。
近年、一般的にも、アトピー性皮膚炎の患者さんの漢方薬への期待、漢方薬の効果への注目度が高まっていますが、まずは、一度、大山漢方堂薬局に、ご相談ください。


アトピー性皮膚炎とは?


アトピー性皮膚炎は成長とともに症状が軽くなり、自然治癒していく子供もありますが、最近では、成長とともに反対に悪化する子供が増えています。
悪いときだけ副腎皮質ホルモン剤を塗るといった皮膚科治療だけで治癒する病気ならこれほど問題になりません。
アトピー性皮膚炎の治療は、まず、病気に対する正しい知識を身につけることが大切です。

<アトピー性皮膚炎>

■症状

 アトピー体質の人で顔面、四肢の局部、体幹などに特有の皮疹を認めます。
症状の増悪や軽減が認められ、おもに小児期に発症し成人では消失改善することが多いのですが、大人になってから発症する人も時々みられます。
 アレルギーの指標であるIgE抗体(いろいろな抗原に対する抗体)が一般に非常に高値を示し、数千〜二万単位ぐらいと高く、
他の喘息やアレルギー性鼻炎などと比較しても一般的に高値を示します。

 アトピーの家系に多く発症しやすく、他のアレルギー症状とも関連して変化します。
 喘息が悪いときにはアトピー性皮膚炎は軽快し、アトピー性皮膚炎が悪いときは逆に喘息が軽くなるという症状の交代現象がみられます。
小児では摂取する食事に抗原性があるとアトピー性皮膚炎の症状は増悪します。

■西洋医学の治療法

 皮膚テストで原因となる抗原物質を探し出し、それらを除去した食事をとることによって症状の軽快がみられることもあります。
抗原は、小児では卵、大豆、牛乳が多いのですが、米や小麦、野菜類なども原因となります。

 慢性で症状が激しい人には食事日記などを詳細に記録し、除去食を行って原因物質を突き止めることも大切です。
 治療は抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の内服とステロイド軟膏(副作用大・あまりすすめられない)の塗布が主体ですが、
スキンケアを行って掻かせないことが大切です。

 
<成人のアトピー性皮膚炎>

■代表的な症状

顔、頸、前胸などの発赤、強いかゆみ

 成人のアトピー性皮膚炎は小児期から続いておこることも、いったん小児期のアトピー性皮膚炎が良くなった後、
再発する形でおこることも、またそれまではっきりしたアトピー性皮膚炎の症状がなくておこってくることもあります。

 成人の特徴は額などの顔、頸、前胸といった目立つ部位が赤く、あるいは赤黒くなって、強いかゆみが出てきます。
手の荒れが目立つこともあります。成人のアトピー性皮膚炎は治りにくく、長期間の治療が必要です。
かゆみを抑えることや社会生活を円滑に送るための対策としての治療が大切です。

 基本的な西洋医学の治療法、日常生活上の注意は小児期のアトピー性皮膚炎と同様です。


<小児のアトピー性皮膚炎>

■代表的な症状

〈乳幼児〉おもに頬部発赤と丘疹、頭部の黄白色の痂皮、かゆみ

〈小児〉乾燥した皮膚、苔癬化、強いかゆみ

 小児でも乳幼児と幼小児で皮膚炎症状が異なります。

 乳幼児では顔面、とくに頬部が赤くなり、小さなブツブツ(丘疹)がでます。じくじくすることもよくあります。
頭では黄白色の厚いフケのようなもの(痂皮)が出ます。ときに頸(くび)、胸から全身に拡がります。
体の皮膚の乾いた感じがはっきりすることもあります。かゆみがあります。
乳幼児期で自然治癒する場合と、小児期の型に移行する場合があります。

 幼小児期のアトピー性皮膚炎は、乳幼児期から引き続いておこる場合と、乳幼児期の症状がおさまった後しばらくして出てくる場合があります。
一部はブツブツ、ジメジメしますが、全体としては乾燥した皮膚炎です。全身の皮膚も乾燥気味で、少しザラザラした感じになることもあります。
肘や膝のうら、手、足などに苔癬化(皮膚が厚くなって表面が粗くなった状態)がおこります。
幼児期には耳切れをおこすこともあり、かゆみが強く、ひっかき傷をつくります。
成長につれて、良くなることが多いのですが、一部の人は成人型のアトピー性皮膚炎に移行します。



■西洋医学の治療法

 小児のアトピー性皮膚炎は自然に良くなってしまう可能性が高いので、それまでの間、皮膚炎症状を抑える治療が主体です。

 副腎皮質ホルモンを含む外用剤は、副作用が強く、あまりお勧めできません、含まない抗炎症外用剤を皮膚炎部に塗るほか、
かゆみを抑えるために抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤を内服します。
ある程度長期の治療が必要で、皮膚炎の程度、部位により外用剤の使用法が違ってきます。

■日常生活の注意

 日常生活の注意としては、皮膚を清潔に保つこと、外から皮膚に不必要な刺激(ホコリ、泥土砂、かくなどの機械的刺激)を加えないことがあげられます。

概念
 アトピー性皮膚炎は、体質(アトピー素因)の関与する特殊な皮膚炎で臨床上特徴のある病像をあらわす。

アトピー性皮膚炎には、以下のようなものが挙げられます。
@家族に気管支喘息、枯草熱、アトピー性皮膚炎など一連のアレルギー性疾患がある。
A食餌性ないし吸入性抗原にたいする皮内反応で、即時型の反応がでる。
B好酸球の増多、IgE抗体の出現率が高い。
C寒冷、温熱、乾燥、感情などのストレスに対し、異常反応を起こしやすい。
D薬剤過敏性が高い。

 以上のような体質素因を基礎として、湿疹および皮膚炎とは、皮膚症状や経過の異なる特殊な皮膚炎、それがアトピー性皮膚炎なのです。

すなわちアトピー性皮膚炎は、「乳児湿潤性湿疹」の病像で始まりますが、急性期の治療に抵抗し、次第に慢性化し、
皮疹は好んで肘、膝膕(膝の裏側)などに限局した苔癬化局面を呈する小児アトピー性皮膚炎の像をあらわすか、
顔面、頚部および四肢にわたる乾燥性の病像「幼児期乾燥性湿疹」の像をあらわしてきます。
この間、一時湿潤化した病像もみられるが、年長になるにつれて乾燥性で、苔癬化の強い成人期のアトピー性皮膚炎に移行する。

 成人期のアトピー性皮膚炎では、特殊形として顔面、頚部に紅斑の強い顔面紅皮症様の皮疹や手掌より指に及ぶ亀裂を伴った手掌湿疹の病像を呈するものもある。
このような病像は種々の治療に抗し、壮年期の40〜50歳まで続き、免疫能の低下とともに自然に治癒するのもアトピー性皮膚炎の特徴といえる。
また喘息を伴った症例では、アトピー性皮膚炎が悪化すると喘息の症状が鎮静し、喘息症状の悪化によりアトピーの症状が鎮静するという現象がみられる。
なおアトピー性皮膚炎の悪化に伴い白内障や網膜剥離などの眼症状あるいは難治性の脱毛症を併発することもある。

 アトピー性皮膚炎の治療は、アトピーを起こす体質(アトピー素因)についての体質改善という意味での治療と、遷延性に起こる特殊な皮膚症状についての治療が行われる。前者はドライスキンに対する治療が主であり、後者は局所の証の対する治療である。

 アトピー性皮膚炎の局所の証は年齢、寒温、日光、物理化学的な刺激、生理の状態により変化に富み、
遷延して痒みが続くため、引っ掻くことによって皮膚のバリアを破壊し、そのため痒みを誘発する物質や炎症誘発物質を遊離し、
それに伴う皮膚症状の悪化、痒みの増強という悪循環がより局所の証の治療を困難にしている。

 アトピー素因であるドライスキン、スキンケアについて、
漢方医学では、皮毛は衛気と津液により温養され潤される。肺は気を主り衛に属し、衛気を宣発し精を皮膚に送り皮膚を栄養するという概念がある。
この概念は皮膚が水分を失って乾燥したドライスキンに湿潤性を保持させ、栄養を高めるスキンケアの漢方医学的生理論として最もふさわしい理論である。
この漢方理論のともに、アトピーのスキンケア改善剤として、補気剤や気血双補剤を用いて効果をあげている。
補気剤としては、主に、四君子湯、六君子湯、補中益気湯、黄耆建中湯などを用いる。
気血双補剤には、十全大補湯、人参栄養湯などをよく使用する。
そのほか、四物湯、六味丸、八味丸などの補血、補陰剤も用いる。
これらは、アトピー体質改善と皮膚に湿潤性を保たせるスキンケアに効果をあげている。

 アトピー性皮膚炎の局所の証の治療について、
局所の証についての漢方治療薬の選択には、アトピー性皮膚炎の経過パターンと皮疹の形を、
西洋医学で分類されているものと対比した漢方医学的な病形分類の上で、それぞれの病形と症状に準じた漢方薬を考えていく。
ゆえに西洋医学の病形分類を漢方医学的試行で分類し、各々の病形ごとに治療方剤の配分を試みる。
しかし実際の治療にあたっては特殊な病形もあり、西洋医学でも顔面紅皮症形、屈側形、痒疹形、貨幣形などに分類して治療法を考える。
漢方医学でも局所の証の重症度、形態の変化などを考慮して、それぞれの病症に適した治療方針ならびに加減方を選ぶ。

西洋医学による皮膚病の治療は軟膏療法が主体となっている。
現在、湿疹および皮膚炎、アトピー性皮膚炎に最も有効な外用剤として用いられているのはステロイド外用剤である。
しかし、ステロイド剤の使い方の誤りや、長期使用による副作用に悩まされ、ステロイド拒否症の人が多くなってきた。
したがってステロイド剤に代わる軟膏の必要性が要求され、ステロイド軟膏に代わって、白色ワセリン、尿素含有軟膏、
へパリン類似物質軟膏、アズレン軟膏、非ピリン系消炎剤による軟膏、ビタミンE軟膏、ビタミンAD軟膏、コラーゲン含有軟膏、
スクワレン含有軟膏からオリーブ油、馬油などの民間薬まで、使用されているが、いずれも隔靴そう痒の感がある。
一方、漢方製薬軟膏には紫雲膏があるが、紫雲膏のみでは対応することが困難な症例が多い。

アトピー性皮膚炎と東洋医学(漢方薬・鍼灸)

<アトピー性皮膚炎の治療法>


「外因の治療(皮膚科的治療法)」


副腎皮質ホルモン剤の外用、抗ヒスタミン剤の内服により、まず第一に痒みを出来るだけ楽にする、そして皮膚炎が悪くならないようにコントロールする。
外用剤等の副作用にいたずらに神経質になるのは、皮膚炎を安定状態に調節出来ないばかりでなく、治療期間を引き延ばす結果になる。

「内因の治療(東洋医学的治療法/漢方薬・鍼灸)」

体質・年齢を問わずに、カサカサタイプ、ジクジクタイプいずれも補中益気湯、十全大補湯を基本とした漢方薬(症状により加減)を内服。
これらの漢方薬は、皮膚症状、炎症を、直接改善させるものではないが、まず痒みが早く楽になる。さらに外用剤の副作用を軽減、その使用量を減らすことが出来る。

無理な生活、無理な治療を改善する
不規則な生活(特に睡眠不足)、暴飲暴食、食生活、皮膚の不衛生(風呂にあまりはいらない)。
無理な治療とは、食餌制限の過多、不確かな健康食品類や薬物の過剰投与。
「無理」からくる精神的な疲労やストレスは症状を悪化させるだけ。早急に生活習慣を見直す。

「アトピー性皮膚炎の漢方療法」
漢方薬には、エキス剤、煎じ薬、入浴剤の3種類があります。
エキス剤は粉末状態に加工されていて、袋を開ければそのままお湯で飲めます。
煎じ薬は、自宅で1日量を土瓶に入れて煎じる必要がありますが、生薬の選択が可能であり、オーダーメイドの薬ができます。
このため煎じ薬の方がその人の病状により適したものが調合できて、効果がエキス剤に比べよりすぐれている。
漢方入浴剤も煎じ薬と同じように作ります。入浴剤は皮膚に直接作用しますので、内服薬と合わせて使う。

「鍼灸治療」

鍼灸は漢方薬とおなじくからだ全体の調節によってアトピー性皮膚炎を治療します。
体には多くの経絡、ツボがあって、身体のバランスを調整しています(ホルモン、自律神経、代謝)。
例えば、太陰脾系―陽明胃系を選び、さらにこの太陰脾系−陽明胃系のなかから、公孫、足三里というツボを選択します。
この公孫−足三里に針をして、脾気虚、湿熱の治療をおこなうという具合になります。

漢方薬と効果を比較して 時には漢方より効果があがることもあります。しかし頻回に通院を必要(週2回)とします。

治療例(27歳、女性、主婦)

漢方、鍼灸治療、併用

1月後 顔面と頚部の赤みが少し薄くなりくず状のものが減る。かゆみあり。
3月後 顔頚部の皮膚症状が落ち着く、改善。かゆみも改善。
しかし調子のいい日と悪い日があり、まだまだ、納得のいく効果を確認できない。
6月後 皮疹はまだ少し残っているが、皮膚の状態(見た目)は、はるかに改善。かゆみも改善(カキキズもなくなる)。
1年後 漢方の煎じ薬を3日に1回服用し、白色ワセリンのみ使用でOK!、笑顔が多い、明るい表情を見せている。


お問い合わせは、
漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
まで、お気軽にお問い合わせください。


大山漢方堂薬局
漢方健康相談コーナーへ、クリック!





佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      

医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine



<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp


                                      

    大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、漢方相談お申し込みホーム、問診表

岡山大学医学博士 徳島大学薬学修士 大山博行先生のご紹介



はじめに、

アトピー性皮膚炎に効果的な漢方薬、アトピー性皮膚炎を治す東洋医学(漢方薬、鍼灸)、アトピー性皮膚炎に効果的な漢方療法

漢方薬には、二千年の歴史があり、漢方薬を上手に行えば、アトピー性皮膚炎にもすぐれた効果を発揮します。
また、現代医療に疑問を持って漢方治療を求める患者さんも増えてきました。
現在では、本格的な漢方薬専門薬局の多くで、アトピー性皮膚炎の患者さんのご相談、調合漢方薬を服用する患者さんも、かなり多くなっています。
アトピーの患者さんと同じように、ご相談の増えている患者さんに、スギ花粉症(アレルギー疾患)があります。 
スギ花粉症の患者さんも、近年急増していますが、これは病気のメカニズムがよくわかっていますが、
それは、「スギ花粉の量が増えたため」というような単純なものではありません。
主因は、まだ完全ではありませんが、排気ガスなど、何かが人体に働きかけた状態で、花粉が作用すると、花粉症になりやすいことなどがわかっています。
アトピー性皮膚炎に関しては、まだはっきりしていませんが、やはり、何かが人体に働きかけた状態で、アトピーになりやすいことが予測されます。
この場合、「体に作用する何か」というのは、食物(農薬・食品添加物など)、ダニの増殖しやすい住居環境、大気、水の汚れなどです。
しかし、アトピーの場合は、社会変化によるストレスなどの心理的要因が、予想より大きなウェイトを占めている点が花粉症とかなり異なっています。
受験や就職ストレスなどによって、アトピー性皮膚炎が悪化するのはよく知られています。
ですから、アトピー性皮膚炎の患者さんに、漢方を調合するときは、患者さんのストレスなどの心理的要因を重視する必要もあります。
これは、現在に始まったものではなく、漢方医学、漢方療法に根ざした考え方による、精神と肉体は切り離すことはできない、心身相関、一緒に治す必要があります。
現代医学は精神と肉体を別々に考え、精神は精神科、肉体は内科や外科などとなりますが、漢方では「心身一如」であり、精神と肉体は別々のものではないのです。
大山漢方堂薬局では、こういう見方で、アトピー性皮膚炎の患者さんのご相談を受け、「身体」の皮膚症状と同時に、「心」のほうの状態、ストレス度、心理、社会的要因にも、
同じように病気のウェイトをおいて、より治療効果をあげています。ですから、大山漢方堂薬局で用いる調合漢方薬は、「心身一如の治療薬」となります。
近年、一般的にも、アトピー性皮膚炎の患者さんの漢方薬への期待、漢方薬の効果への注目度が高まっていますが、まずは、一度、大山漢方堂薬局に、ご相談ください。

1)アトピー性皮膚炎に漢方が効く理由=アトピー性皮膚炎の患者さんの症状、体質により、さまざまな治療法がある。

漢方がアトピーに効く理由は?
@漢方薬は根本的な治療が期待できる、A漢方は「体と心」を治療する、B漢方は「総合的な医療体系」である、C漢方には薬害への対応法もある

アトピー性皮膚炎の患者さんへのアプローチ=皮膚の変化に注意する
皮膚のバリア機能、皮脂の重要な働き(アトピーの人の皮脂量は、正常な人の半分程度)、
アトピー性皮膚炎は「湿疹」の一種(皮膚病の30%以上が「湿疹」である)=湿疹の慢性化に注意する

アトピー性皮膚炎の患者さんのタイプ、症状、体質を重要視して、漢方を調合する。
@年齢によってアトピーの症状が違ってくる、A隠れたアトピー性皮膚炎の患者さんも多い、
Bアトピー性皮膚炎の患者さんは、合併症も多い(アレルギーマーチ、白内障や脱毛症も合併する)

「アレルギーはなぜおこるのか、免疫反応がアレルギーにつながる」

”正常状態からの変化”
@体を守る”防衛線”とは? A特殊な科学物質が炎症をおこす! B免疫反応が過剰におこる Cアトピーとアレルギーの関係を知る
DW型アレルギー、Eアトピー性皮膚炎の皮膚症状と単なる「かぶれ」の違い、Fアトピーの患者さんが急増した原因(生活環境の変化)

「アトピー性皮膚炎の検査と治療法を知る」
@アレルギーの原因物質を見つける、(一型アレルギーのチェック、RAST検査で原因物質を確認)
A西洋医学の基本的なアトピー性皮膚炎の治療法を知る(長所と短所を知る)
ステロイド軟膏の種類を知り、効能・効果・副作用を、よく理解する。
生活環境を整える治療法は、基本的にアレルギー対策が主体となる
→東洋医学(漢方薬・自然療法・鍼灸)で、根本的な治療(根治療法=アレルギー体質、アトピー体質改善)が必要な患者さんが多い

「東洋医学(漢方薬・自然療法・鍼灸)の特徴とアトピー性皮膚炎患者さんへの対応法」
@東洋医学(漢方薬・自然療法・鍼灸)と西洋医学の違いを理解する。

東洋医学=漢方薬と西洋薬=合成新薬では、効きかた(効能・効果・副作用)がまったく違うことを理解する。
@西洋薬=合成新薬も、実は「生薬、薬草、漢方薬」の研究から生まれた事実を知る。
A漢方薬は、「生薬の複合剤」、より効果的な薬を調合して完成させることができる。
B東洋医学(漢方薬・自然療法・鍼灸)は、徐々に、アレルギー体質を変化させ、正常化し、アレルゲンに対するバリアーを強化することができる。
C東洋医学(漢方薬・自然療法・鍼灸)は、「完全なる健康」を、手に入れるための方法論を持ち、実行、実現する医学である。
D東洋医学(漢方薬・自然療法・鍼灸)は、アトピー性皮膚炎の患者さんの体全体の状態に注目し、体質を正常化させる医学である。
E東洋医学(漢方薬・自然療法・鍼灸)は、「未病」の状態から積極的に治療する。

東洋医学(漢方薬・自然療法・鍼灸)の「基本理念」を理解する
@人間、人体の「陰、陽、虚、実」は、独自の「医学理論、医学体系」である。
すべてのものに「陰、陽、虚、実」があり、「陰、陽」が乱れると、身体のバランスが崩れ、異常、病気が起こる。
A東洋医学(漢方薬・自然療法・鍼灸)の「基本理念」を知り、「未病」、「病気」の原因を、理解する。
B自身の「気・血・水」の乱れに注意する。
「気」は、生命活動のエネルギー、「血と水」の乱れも、アトピー性皮膚炎の患者さんの治療には、重要な役割を果たす。
アトピー性皮膚炎の患者さんの「気病」・「血病」・「水病」を、それぞれ治療して、総合的に改善させる=体質改善=根治療法=根治させる!
「気・血・水」の乱れを、細かく分析して、配合生薬の種類、分量を、アトピー性皮膚炎の患者さんの個人、個人に合わせて調合する。
「外因、内因を、細かく分析し、「気・血・水」の乱れの、原因を突き止め、「病邪」が体内に侵入することを防ぐ。
アトピー性皮膚炎の患者さん、一人、一人の生活環境、食生活を、分析して、改善させ、、総合的に改善させる=体質改善=根治療法=根治させる!

東洋医学(漢方薬・自然療法・鍼灸)の診療法と治療法
@「証」に応じて処方を選ぶ、「証」で個人差を把握(個人差を重視)して、生薬を選定、調合する。
A標治法を根治法を併用して行い、皮膚症状改善、体質改善を、並行して行う。
慢性化した病アトピー性皮膚炎の患者さんでは「根治法と標治法(基礎治療)」を、特に重視しなければならない。

東洋医学(漢方薬・自然療法・鍼灸)の「アトピー性皮膚炎、治療理念」
@アレルギー病は「外邪」でおこり、「外邪」が体表近くに存在する。
A過剰な、表裏の「熱」に注意する、

アトピー性皮膚炎と
「五臓六腑」
@「脾と胃」の機能低下、「痰飲」が、病害を生む。

アトピー性皮膚炎の患者さんのタイプ(東洋医学的病態)を見分け、漢方薬を調合する。
アトピー性皮膚炎の患者さんには、東洋医学(漢方薬・自然療法・鍼灸)と養生医学の二本立てで治療する。
「ステロイドの使用暦、病態の変化暦」を、確認する。

アトピー性皮膚炎の患者さんの心身の状態を把握する。
自律神経失調症の併病、癇が強い、消化器症状大、熱感症(熱つがり)、水分代謝異常、
アトピー性皮膚炎の患者さんの体質や体力の状態を把握する。
「実証」と「虚証」、「成人型」と「幼児型」
成人型、 アトピー性皮膚炎の患者さんでは、自律神経失調症の併病が多い。

アトピー性皮膚炎の患者さんの皮膚状態
ジクジク型(湿潤型)=「水毒」、カサカサ型(乾燥型)=「気」「血」の不足

漢方専門 大山漢方堂薬局の調合漢方薬(オーダーメイド)
調合漢方薬=生薬を煎じる=煎じると治療効果が高くなる=煎じる時は弱火で煮詰める
適切な飲み方をする=時間を決めて服用を続ける=幼小児の服用量は特別(飲ませ方を工夫する)

西洋薬(合成新薬、抗アレルギー薬、ステロイド))との併用、副作用の問題
@抗生物質との併用は便秘に注意する、A漢方薬服用の注意点

アトピー性皮膚炎のタイプ別養生法
生活養生の効果=漢方薬は、ある意味で、万能療法であり、生活養生も、併用して行うことが重要。
漢方薬と養生が、互いに補い合って、効果が増大する。
西洋医学と東洋医学のよいところは組み合わせる
アレルゲン対策=食養生「身土不二」=皮膚の保護が大切=乾燥肌は傷つきやすい
皮膚の保護が生活養生の基本=皮膚保護剤を、こまめに塗る=時にはステロイド剤も併用し上手に使う
ステロイド剤の、使用日数は2〜3日以内とする=非ステロイド軟膏=かぶれに注意する
アトピー性皮膚炎の患者さんの自律神経失調症の併病に注意

アトピー性皮膚炎の患者さんの
生活養生の基本

@皮膚の保護、A生活環境の改善、B食生活の改善、Cストレス・過労対策、D自律神経の訓練、

@癇が強い患者(幼小児型)、A消化器症状ありの患者さん(幼小児型・成人型)、B於血の患者さん(成人型)、
C熱感(あつがり)の患者さん(幼小児型・成人型)D水分代謝異常の患者さん(幼小児型)、E冷え性の患者さん(成人型)

「ステロイド剤長期使用患者さんへの対応法」

ステロイド剤の良い点、悪い点、危険な点を、正確に理解する。
良いステロイド剤、悪いステロイド剤
良いステロイド剤は、ストレスから体を守る、乱用すると副腎皮質が萎縮する
ステロイド剤を、急にやめると、その先には=ステロイドによる異変がおこる=副作用の前兆に注意
=すさまじい「離脱症候群」=顔や皮膚が真っ赤に腫れることが多い=驚く、ショック!!!

@ステロイド剤を顔だけに塗ってきたアトピー性皮膚炎の患者さん
Aステロイド剤を顔と体の両方に塗ってきたアトピー性皮膚炎の患者さん
Bステロイド剤は体だけ、顔には非ステロイド系軟膏をぬったアトピー性皮膚炎の患者さん
C顔にアトピー症状がなく、体にステロイド剤を使ったアトピー性皮膚炎の患者さん

強い皮膚症状=「気と血」の不足状態=「気と血」の両方を補う漢方薬=時間をかけて徐々に回復
=皮膚には、ワセリン(シコン、ソヨウ、オウレン、オウバク、オウゴン、サンシシ)を使用する。

生活環境からの悪影響を取り除く=皮膚への物理的な刺激を軽減、取り去る
自然環境、住居・職場、入浴時、安静・休養、衣類、食生活の注意が必要



お問い合わせは、
漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
まで、お気軽にお問い合わせください。


大山漢方堂薬局
漢方健康相談コーナーへ、クリック!





佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      

医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine



<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp


                                      

    大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、漢方相談お申し込みホーム、問診表

岡山大学医学博士 徳島大学薬学修士 大山博行先生のご紹介



はじめに、

アトピー性皮膚炎に効果的な漢方薬、アトピー性皮膚炎を治す東洋医学(漢方薬、鍼灸)、アトピー性皮膚炎に効果的な漢方療法

漢方薬には、二千年の歴史があり、漢方薬を上手に行えば、アトピー性皮膚炎にもすぐれた効果を発揮します。
また、現代医療に疑問を持って漢方治療を求める患者さんも増えてきました。
現在では、本格的な漢方薬専門薬局の多くで、アトピー性皮膚炎の患者さんのご相談、調合漢方薬を服用する患者さんも、かなり多くなっています。
アトピーの患者さんと同じように、ご相談の増えている患者さんに、スギ花粉症(アレルギー疾患)があります。 
スギ花粉症の患者さんも、近年急増していますが、これは病気のメカニズムがよくわかっていますが、
それは、「スギ花粉の量が増えたため」というような単純なものではありません。
主因は、まだ完全ではありませんが、排気ガスなど、何かが人体に働きかけた状態で、花粉が作用すると、花粉症になりやすいことなどがわかっています。
アトピー性皮膚炎に関しては、まだはっきりしていませんが、やはり、何かが人体に働きかけた状態で、アトピーになりやすいことが予測されます。
この場合、「体に作用する何か」というのは、食物(農薬・食品添加物など)、ダニの増殖しやすい住居環境、大気、水の汚れなどです。
しかし、アトピーの場合は、社会変化によるストレスなどの心理的要因が、予想より大きなウェイトを占めている点が花粉症とかなり異なっています。
受験や就職ストレスなどによって、アトピー性皮膚炎が悪化するのはよく知られています。
ですから、アトピー性皮膚炎の患者さんに、漢方を調合するときは、患者さんのストレスなどの心理的要因を重視する必要もあります。
これは、現在に始まったものではなく、漢方医学、漢方療法に根ざした考え方による、精神と肉体は切り離すことはできない、心身相関、一緒に治す必要があります。
現代医学は精神と肉体を別々に考え、精神は精神科、肉体は内科や外科などとなりますが、漢方では「心身一如」であり、精神と肉体は別々のものではないのです。
大山漢方堂薬局では、こういう見方で、アトピー性皮膚炎の患者さんのご相談を受け、「身体」の皮膚症状と同時に、「心」のほうの状態、ストレス度、心理、社会的要因にも、
同じように病気のウェイトをおいて、より治療効果をあげています。ですから、大山漢方堂薬局で用いる調合漢方薬は、「心身一如の治療薬」となります。
近年、一般的にも、アトピー性皮膚炎の患者さんの漢方薬への期待、漢方薬の効果への注目度が高まっていますが、まずは、一度、大山漢方堂薬局に、ご相談ください。

1)アトピー性皮膚炎に漢方が効く理由=アトピー性皮膚炎の患者さんの症状、体質により、さまざまな治療法がある。

漢方がアトピーに効く理由は?
@漢方薬は根本的な治療が期待できる、A漢方は「体と心」を治療する、B漢方は「総合的な医療体系」である、C漢方には薬害への対応法もある

アトピー性皮膚炎の患者さんへのアプローチ=皮膚の変化に注意する
皮膚のバリア機能、皮脂の重要な働き(アトピーの人の皮脂量は、正常な人の半分程度)、
アトピー性皮膚炎は「湿疹」の一種(皮膚病の30%以上が「湿疹」である)=湿疹の慢性化に注意する

アトピー性皮膚炎の患者さんのタイプ、症状、体質を重要視して、漢方を調合する。
@年齢によってアトピーの症状が違ってくる、A隠れたアトピー性皮膚炎の患者さんも多い、
Bアトピー性皮膚炎の患者さんは、合併症も多い(アレルギーマーチ、白内障や脱毛症も合併する)

「アレルギーはなぜおこるのか、免疫反応がアレルギーにつながる」

”正常状態からの変化”
@体を守る”防衛線”とは? A特殊な科学物質が炎症をおこす! B免疫反応が過剰におこる Cアトピーとアレルギーの関係を知る
DW型アレルギー、Eアトピー性皮膚炎の皮膚症状と単なる「かぶれ」の違い、Fアトピーの患者さんが急増した原因(生活環境の変化)

「アトピー性皮膚炎の検査と治療法を知る」
@アレルギーの原因物質を見つける、(一型アレルギーのチェック、RAST検査で原因物質を確認)
A西洋医学の基本的なアトピー性皮膚炎の治療法を知る(長所と短所を知る)
ステロイド軟膏の種類を知り、効能・効果・副作用を、よく理解する。
生活環境を整える治療法は、基本的にアレルギー対策が主体となる
→東洋医学(漢方薬・自然療法・鍼灸)で、根本的な治療(根治療法=アレルギー体質、アトピー体質改善)が必要な患者さんが多い

「東洋医学(漢方薬・自然療法・鍼灸)の特徴とアトピー性皮膚炎患者さんへの対応法」
@東洋医学(漢方薬・自然療法・鍼灸)と西洋医学の違いを理解する。

東洋医学=漢方薬と西洋薬=合成新薬では、効きかた(効能・効果・副作用)がまったく違うことを理解する。
@西洋薬=合成新薬も、実は「生薬、薬草、漢方薬」の研究から生まれた事実を知る。
A漢方薬は、「生薬の複合剤」、より効果的な薬を調合して完成させることができる。
B東洋医学(漢方薬・自然療法・鍼灸)は、徐々に、アレルギー体質を変化させ、正常化し、アレルゲンに対するバリアーを強化することができる。
C東洋医学(漢方薬・自然療法・鍼灸)は、「完全なる健康」を、手に入れるための方法論を持ち、実行、実現する医学である。
D東洋医学(漢方薬・自然療法・鍼灸)は、アトピー性皮膚炎の患者さんの体全体の状態に注目し、体質を正常化させる医学である。
E東洋医学(漢方薬・自然療法・鍼灸)は、「未病」の状態から積極的に治療する。

東洋医学(漢方薬・自然療法・鍼灸)の「基本理念」を理解する
@人間、人体の「陰、陽、虚、実」は、独自の「医学理論、医学体系」である。
すべてのものに「陰、陽、虚、実」があり、「陰、陽」が乱れると、身体のバランスが崩れ、異常、病気が起こる。
A東洋医学(漢方薬・自然療法・鍼灸)の「基本理念」を知り、「未病」、「病気」の原因を、理解する。
B自身の「気・血・水」の乱れに注意する。
「気」は、生命活動のエネルギー、「血と水」の乱れも、アトピー性皮膚炎の患者さんの治療には、重要な役割を果たす。
アトピー性皮膚炎の患者さんの「気病」・「血病」・「水病」を、それぞれ治療して、総合的に改善させる=体質改善=根治療法=根治させる!
「気・血・水」の乱れを、細かく分析して、配合生薬の種類、分量を、アトピー性皮膚炎の患者さんの個人、個人に合わせて調合する。
「外因、内因を、細かく分析し、「気・血・水」の乱れの、原因を突き止め、「病邪」が体内に侵入することを防ぐ。
アトピー性皮膚炎の患者さん、一人、一人の生活環境、食生活を、分析して、改善させ、、総合的に改善させる=体質改善=根治療法=根治させる!

東洋医学(漢方薬・自然療法・鍼灸)の診療法と治療法
@「証」に応じて処方を選ぶ、「証」で個人差を把握(個人差を重視)して、生薬を選定、調合する。
A標治法を根治法を併用して行い、皮膚症状改善、体質改善を、並行して行う。
慢性化した病アトピー性皮膚炎の患者さんでは「根治法と標治法(基礎治療)」を、特に重視しなければならない。

東洋医学(漢方薬・自然療法・鍼灸)の「アトピー性皮膚炎、治療理念」
@アレルギー病は「外邪」でおこり、「外邪」が体表近くに存在する。
A過剰な、表裏の「熱」に注意する、

アトピー性皮膚炎と「五臓六腑」
@「脾と胃」の機能低下、「痰飲」が、病害を生む。

アトピー性皮膚炎の患者さんのタイプ(東洋医学的病態)を見分け、漢方薬を調合する。
アトピー性皮膚炎の患者さんには、東洋医学(漢方薬・自然療法・鍼灸)と養生医学の二本立てで治療する。
「ステロイドの使用暦、病態の変化暦」を、確認する。

アトピー性皮膚炎の患者さんの心身の状態を把握する。
自律神経失調症の併病、癇が強い、消化器症状大、熱感症(熱つがり)、水分代謝異常、
アトピー性皮膚炎の患者さんの体質や体力の状態を把握する。
「実証」と「虚証」、「成人型」と「幼児型」
成人型、 アトピー性皮膚炎の患者さんでは、自律神経失調症の併病が多い。

アトピー性皮膚炎の患者さんの皮膚状態
ジクジク型(湿潤型)=「水毒」、カサカサ型(乾燥型)=「気」「血」の不足

漢方専門 大山漢方堂薬局の調合漢方薬(オーダーメイド)
調合漢方薬=生薬を煎じる=煎じると治療効果が高くなる=煎じる時は弱火で煮詰める
適切な飲み方をする=時間を決めて服用を続ける=幼小児の服用量は特別(飲ませ方を工夫する)

西洋薬(合成新薬、抗アレルギー薬、ステロイド))との併用、副作用の問題
@抗生物質との併用は便秘に注意する、A漢方薬服用の注意点

アトピー性皮膚炎のタイプ別養生法
生活養生の効果=漢方薬は、ある意味で、万能療法であり、生活養生も、併用して行うことが重要。
漢方薬と養生が、互いに補い合って、効果が増大する。
西洋医学と東洋医学のよいところは組み合わせる
アレルゲン対策=食養生「身土不二」=皮膚の保護が大切=乾燥肌は傷つきやすい
皮膚の保護が生活養生の基本=皮膚保護剤を、こまめに塗る=時にはステロイド剤も併用し上手に使う
ステロイド剤の、使用日数は2〜3日以内とする=非ステロイド軟膏=かぶれに注意する
アトピー性皮膚炎の患者さんの自律神経失調症の併病に注意

アトピー性皮膚炎の患者さんの生活養生の基本

@皮膚の保護、A生活環境の改善、B食生活の改善、Cストレス・過労対策、D自律神経の訓練、

@癇が強い患者(幼小児型)、A消化器症状ありの患者さん(幼小児型・成人型)、B於血の患者さん(成人型)、
C熱感(あつがり)の患者さん(幼小児型・成人型)D水分代謝異常の患者さん(幼小児型)、E冷え性の患者さん(成人型)

「ステロイド剤長期使用患者さんへの対応法」

ステロイド剤の良い点、悪い点、危険な点を、正確に理解する。
良いステロイド剤、悪いステロイド剤
良いステロイド剤は、ストレスから体を守る、乱用すると副腎皮質が萎縮する
ステロイド剤を、急にやめると、その先には=ステロイドによる異変がおこる=副作用の前兆に注意
=すさまじい「離脱症候群」=顔や皮膚が真っ赤に腫れることが多い=驚く、ショック!!!

@ステロイド剤を顔だけに塗ってきたアトピー性皮膚炎の患者さん
Aステロイド剤を顔と体の両方に塗ってきたアトピー性皮膚炎の患者さん
Bステロイド剤は体だけ、顔には非ステロイド系軟膏をぬったアトピー性皮膚炎の患者さん
C顔にアトピー症状がなく、体にステロイド剤を使ったアトピー性皮膚炎の患者さん

強い皮膚症状=「気と血」の不足状態=「気と血」の両方を補う漢方薬=時間をかけて徐々に回復
=皮膚には、ワセリン(シコン、ソヨウ、オウレン、オウバク、オウゴン、サンシシ)を使用する。

生活環境からの悪影響を取り除く=皮膚への物理的な刺激を軽減、取り去る
自然環境、住居・職場、入浴時、安静・休養、衣類、食生活の注意が必要



お問い合わせは、
漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
まで、お気軽にお問い合わせください。


大山漢方堂薬局
漢方健康相談コーナーへ、クリック!





佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      

医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。


(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。



「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine



<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp